連続ドラマW 東野圭吾 幻夜 2011

  • 投稿日:
  • 更新日:
  • by
  • カテゴリ:

幻夜

連続ドラマW 東野圭吾 幻夜 2011

監督: 猪崎宣昭, 麻生学, 猪原達三
原作: 東野圭吾
出演: 深田恭子, 塚本高史, 柴田恭兵, 市川由衣, 鈴木一真

これは原作を読んでから見た珍しいテレビドラマ。舞台は原作は阪神・淡路大震災だったのが、愛知県の相葉市と架空の場所になっている。
もう原作を読んでかなり経っているので、細かな違いはわからない。
ただ、新海美冬の恐ろしい人間操作術である。全編を通じて、新海美冬が何を望んでいるのか、どこを目指しているのかがわからない。
周りの人間を憎み陥入れて、自分はジュエリー、美容の世界で頂点に立つことなのだろうか。これは、白夜の唐沢雪穂を知っていても少し理解できないところかも。

ただ唐沢雪穂と同じように、たとえ同一人物としても、幼児期の母から受けた虐待が彼女の人格形成に深くを影を落としているのは確かだろう。
彼女が水原雅也に求めたのは、桐原亮司が持っていた自分への究極の愛だろう。それは、水原雅也には苦しすぎたのだろう。このドラマでは最後に水原雅也はそれをかなえたかもしれない。
もしかすると、彼女が探しているのは、ジェエリーなどの美の頂点に立つことではなくて、桐原亮司がもっていた彼女への究極の愛ではないだろうか。
彼女は今だに桐原亮司を求めていて、ビリビリするまでの運命の連帯感が欲しいのではないだろうか。もしかすると新海美冬は桐原亮司を亡くした喪失感から、水原雅也に極限まで究極の愛を求めたのかもしれない。
それが成就した時、彼女は言うのである。"こんな素晴らしい夜は初めて、幻みたい。"と。

新海美冬を演じる深田恭子は、夜明けの街ででも東野圭吾作品に出ている。今回は、演技的な稚拙さはあるけど悪女的な面はよく出ているかも。
刑事の加藤役を柴田恭兵が演じているが、これはすこし目立ちすぎのような気もする。塚本高史の水原雅也はすこしかっこよすぎるが影がある青年でちゃんと役に合っている。
やっぱり連続ドラマとしては少し長めでダレるところがあるんだが。


白夜行考 東野圭吾の白夜行 記事を読む

白夜行 テレビドラマ 2006 記事を読む

白夜行 2011 記事を読む

幻夜 東野圭吾 2004 記事を読む

連続ドラマW 東野圭吾 幻夜 2011 記事を読む

My Rating(評価): 13/20