夜のピクニック 2006

  • 投稿日:
  • 更新日:
  • by
  • カテゴリ:

夜のピクニック夜のピクニック 2006

監督: 長澤雅彦
原作: 恩田陸
出演: 多部未華子, 石田卓也, 郭智博, 西原亜希, 貫地谷しほり

原作は、恩田陸の水戸一高の歩く会について書いた青春ものである。全校生徒が24時間かけて80kmを歩く高校の伝統行事「歩行祭」を描く。
そして、みんなで夜歩く。キャッチコピは、ただそれだけなのに、どうしてこんなに特別なんだろう。見終わってこれに強く同感する。

高校生って、なんだかちょっとしたことが面白く楽しくもあり、ちょっとしたことが非常に重大だったりするもの。素直になるのも怖く、友達にもなかなか相談できないものだ。
それが、どうしてか、甲田貴子の周りにでうまく回っている。遊佐美和子も榊杏奈もいい友達だし、今のクラスメイトの後藤梨香や梶谷千秋との距離感もいい。
そしてなんと言うか、貴子の母もいい人みたいだ。

クラスメイトの西脇融に声を掛けて話すこと、それを甲田貴子は歩行祭の時に実現するように心に決めている。しかしなかなか話しかけられない。それがどれでかえ大変なことなのかは映画を見ればわかるんだが。
声をかけるなんて、なんでもないことなんだがそれはあの年齢では、大きな試練のように感じるのである。
それが、友人の助けやおまじないの力を借りて最後に実現する。友人たちが協力した雰囲気やシチュエーション。そしてNYに転校した親友の杏奈のおまじないは、確かに効果があった。
謎の少年の正体がわかる時、どうしてあんなにおしゃべりなのか。そうか杏奈はそれも知っていておまじないをかけたのだ。
なぜか超えられなかった壁が、事故(榊順弥のおしゃべり)によって突然超えてしまうのである。
甲田貴子と西脇融が堀端を歩くときの二人の関係がなんとも言えない。これが高校生らしい不思議な感覚なんだろう。それは恋ではないし、友情でもないし。不思議な親近感なんだが。

バナナ屋のおっさんは全く余分としか言えない。救護バスやアニメは確かにパロディで入っているが、物語としては、ただ歩くだけのストーリーにすこしスパイスを加えているのは確かである。
貫地谷しほりが演じる根っから明るい後藤梨香や柄本佑が演じるロック好きのファンキー少年高見光一郎が光っていた

なんにしてもいい映画である。原作の方が優れているかもしれないが、この映画でも十分楽しむことができた。

My Rating(評価): 15/20