涙そうそう 2006

  • 投稿日:
  • 更新日:
  • by
  • カテゴリ:

涙そうそう 映画 2006涙そうそう 2006

監督: 土井裕泰
出演: 妻夫木聡, 長澤まさみ, 麻生久美子, 塚本高史, 中村達也

これはかなり前に見た映画。本当に久しぶりに見た。
最後に泣けるのは確かである。うまく泣けるように作ってある。

歌謡曲、涙そうそう(作詞:森山良子・作曲:BEGIN)の歌詞をモチーフに映画化したもの。
BEGINから送られたデモテープのタイトルに書いてあった「涙そうそう」は沖縄の言葉で「涙がぽろぽろこぼれ落ちる」という意味であると聞き、森山が若くしてこの世を去った兄を想う歌詞をつけた。
のが涙そうそうができたきっかけ。
だからだろうが、兄、妹の話であり、最後に兄が死ぬ話。
最後に兄が死ぬあっけなさはあるんだが、人が死ぬってそんなもののような気がする。
ただ、洋太郎がやっぱりかわいそすぎる。妹のために、そして亡き母のタコライス屋をもう一度だす夢を叶えるために一生懸命働いてきて、詐欺にあって、最後は心筋炎で死んでしまう。
妹のことや恵子との関係はなんだか尻切れとんぼになってしまった。ここはもう少し煮詰めてもよかったかも。

あらためて見て、本当は洋太郎が死んでからの話が大事なんだなと思う。特に涙そうそうの歌詞と合わせるなら。
おばあがカオル言うように、女は愛した人の思い出をずっと大切にして、子供を産みそして歳をとるのである。と言うところがいいし
葬式に帰ったカオルの元に届く成人式の晴れ着は兄洋太郎が送ったのものだったのもいい。
そしてエンドロールの海辺を幼少の洋太郎とカオルが手を繋い歩いていて、カオルが「大きくなったらにーにー(洋太郎)と結婚したい」と言います。洋太郎は「きょうだいは結婚できん」答えます。
これもやっぱりい。
そしてこのころの長澤まさみは最高に可愛い。これを見るだけでも価値がある。この話は、洋太郎が死んだところから振り返るような展開か、映画にするよりもう少しドラマで話の展開を充実させた方が良かったかも。


主題歌:夏川りみ「涙そうそう」
挿入歌:BEGIN「三線の花」

My Rating(評価): 15/20