Dark Places ダーク・プレイス 2015

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Dark PlacesDark Places ダーク・プレイス 2015

監督: ジル・バケ=ブランネール
出演: シャーリーズ・セロン, ニコラス・ホルト, クロエ=グレース・モレッツ, クリスティナ・ヘンドリックス

シャーリーズ・セロンのサスペンスドラマである。シャーリーズ・セロンが意外と地味な役なんだがやっぱり美しさは隠せないというところか。
最後のドンで返しというか真相が複雑すぎて、これを書いている時にどうだったかと詳しい状況を思い出せなかった。

28年前に家族を殺害された。母と姉二人が殺された。リビーは犯人から襲われたが、間一髪逃げることができた。
兄ベンーが犯人として逮捕され、終身刑に服している。
リビーはマスコミで騒がれ、かなりの額の援助を国中から受けて暮らしに困らなかった。
しかし今ではその資金もそこをついて、一家殺害事件の真相を書いた本もあまり売れない。
そこに殺人クラブという団体から手紙が届く。殺人クラブは過去に起きた事件について再度検証を行う団体だった。
クラブはリビーにあの事件を検証するために、重要な証人として参加して欲しいというものだった。

事件の真相について
真相を解く鍵は、当時の兄に付き合っている謎の女性ディオンドラを探すことだった。

当時母のパティは大きな借金を抱えて困っていた。母のパティは険金目当てに自分を殺す依頼をしていた
兄のベンは、自分の子供を妊娠したディオンドラと一緒に家を出ようとして家に戻り金を探していた。
そこに妹のミシェルに見つかり、ディオンドラはミシェルともみ合いになる。
それを見ていた妹のデビーは母のところに助けを求めにいく。デビーが母のところに行くと、殺人を依頼された自殺請負人のディールが母をナイフで刺し殺している所を目撃してしまう。
自分の顔を見られたディールはデビーをショットガンで殺してしまう。銃声に驚いたベンが部屋を離れるとディオンドラはそのままミシェルを殺してしまう。

ディオンドラは行方をくらまし、ベンはディオンドラをかばい、彼女がいたことを証言しなかった。
ディオンドラの本名がポリー・パームであることを突き止めたリビーは、ポリー親子に捕まってしまう。
最後の展開はやっぱり複雑で、同時に二つ悲劇が起こっていた。

題名のDark Placesは、リビーが襲われた時に隠れた場所と、その後ずっと彼女が真相がわかるまでいた場所なんだろう。彼女の証言によって兄ベンが有罪になったのも彼女の心の中に影を落としていたのだろう。

これは物語が進んでいく途中に、当時幼かったリビーが次第に何があったか思い出しながら事件の真相を探っていく話である。この物語の面白いところは、主人公がやや社会性を無くし欠けた一家殺人事件の被害者であること。そして事件の真相を探る殺人クラブの存在が面白い。
最後の展開でリビーの命も危うくなる。最後の真相がわかるまではドキドキする典型的なサスペンスドラマである。
ただ事件の真相の謎解きのサスペンスに集中していて、あまりリビーの人間性に迫っていない。
そこが物語として足りないところか。彼女がどうして野放図な生活をしてきたか。その問題は、この事件の真相がわかると、解決するのだろうか。

My Rating(評価): 14/20