64-ロクヨン 前編/後編 2016

  • 投稿日:
  • 更新日:
  • by
  • カテゴリ:

64-ロクヨン64-ロクヨン 前編/後編 2016

監督: 瀬々敬久
原作: 横山秀夫
出演: 佐藤浩市, 綾野 剛, 榮倉奈々, 瑛太, 三浦友和

僕はストーリーの展開は緻密で長い時間にも関わらず面白く見れた。骨太の社会派ドラマであるのは確かである。ただ、内容は全ての観客にとって見に迫ってこない。
警察内部のゴタゴタ、とくに警務と刑事の対立や人事、警察の失態隠しなどにもあまり関心がもてないし、広報部と記者クラブのゴタゴタも大した内容ではない。
匿名問題ですら警察とマスコミ双方の利益追及の争いであり、報道関係者の中にもあまりヒューマニズが見えてこない。
だからちょっと離れた感じでよその家をのぞいている感覚である。結局主人公や登場人物と一体感が取れないのである。
三上義信と娘の対立の原因は分からず、妻は美人らしいが、母に似なかった娘のコンプレックスが原因だったのだろうか。そこもあまりはっきりせず最後にはすこしいい方向が感じられる電話がかかっているのだが。
この親子の対立はあまりストーリーとは関係ないと思うんだが。
宣伝文句の映画史に残る傑作、慟哭の結末がまったく浮いてしまっている。
それよりも誘拐事件の悲惨さ、残された家族の喪失感が本当は中心にあるのが筋なんだが。

俳優陣はしっかりとしていて、映画の重々しさにふさわしい。中でもやっぱり佐藤浩市の熱い演技が光る。
ただ、やっぱり感動的な話でもなく、組織や対立の暗さが中心に置かれていて強い感動を訴える映画ではない。

My Rating(評価): 14/20