Laura ローラ殺人事件 1944

  • 投稿日:
  • 更新日:
  • by
  • カテゴリ:

Lauramuder.jpgLaura ローラ殺人事件 1944

監督: オットー・プレミンジャー
出演: ジーン・ティアニー, ダナ・アンドリュース, クリフトン・ウェブ, ビンセント・プライス

この映画は、プレミンジャーの初監督作品であり、回想形式をも織り込んだ質の高いフィルム・ノワール作品とされる。この映画は、白黒映画部門でアカデミー撮影賞を受賞している。
最初から、犯人はすぐわかるのだが、最後のあたりにどんでん返しがある。これはまた巧みに作り上げられていて、観客は騙されてしまう。
そにしてもこの映画の中で殺人事件を担当するマクファーソンも、アメリカ映画を代表するような典型的な優秀な刑事である。フィルム・ノワールは、やっぱり回想形式大好きなようだ。これも回想からストーリーを作り上げながら、次第にローラが死んだ後の時点に戻って話が進行する。うまい展開であるが、現代ではすこしまどろっこしいか。ただ、ローラの周りにいる、ライデッカーや、婚約者のカーペンターらはみんな犯人に見えるほど怪しい存在ではあるんだが。
最後に犯人を突き止める展開は、これは、刑事コロンボや後年の推理ドラマにはよく使われた手法である。犯人しかしらない事実、今回は凶器のライフルの隠し場所を犯人に探させるように仕向けるところである。

それになりに面白いんだが、回想シーンが多くてサスペンスがあまりないのがつまらない。

My Rating(評価): 14/20
アクセス数:4