THE 100/ハンドレッド 〈サード・シーズン〉The 100 Season 3 2016

  • 投稿日:
  • 更新日:
  • by
  • カテゴリ:

the100 season3THE 100/ハンドレッド 〈サード・シーズン〉The 100 Season 3 2016

監督: ディーン・ホワイト
脚本:ジェイソン・ローゼンバーグ,
出演:イライザ・テイラー, ペイジ・ターコー, ボブ・モーリー, マリー・アブゲロプロス, リーンジィー・モーガン, リッキー・ウィットル, イザイア・ワシントン, ヘンリー・イアン・キュージック,

シーズン3である。前回よりもずっと緊迫感がある。展開が面白くてシーズン3は3日間で見てしまった。
クラークは前半はほとんど活躍していない。ただレズの世界に入っただけと思ってしまう。どうしてそこが受けるのかはわからないが。途中から、クラークの活躍が始まる。指揮官のレクサの秘密を知り、フレームキーパーになる。これがジャハのAIを倒す鍵でもあった。最後はみずからアリー2.0のチップを埋め込み、アリーと対決する。
なんだか、いままで若者のサバイバル作品から、最新のAIとの戦いものに変化した。AIの戦いも古めかしくない、新しい要素を入れて素晴らしいSFとなっている。
最後はなるほどレクサとのレズの関係は深い心の結びつきとして必要だったのだと納得。
シーズン3は一つのシリーズのクライマックスとも言える。どうして地球が核戦争をしたのかがわかる。ただ、The 100として生き残っているのは何人で、誰かがはっきりしない。いつものレギュラーメンバーはわかるんだけど。後半で宇宙ステーションでのパイクの授業に出てくるメンバーは生き残っているメンバーしかわからない。死んだメンバーは出演していないのは残念。

シーズン4も地球に大きな災害が起き始める。彼らがどうやって生き残るか、またサバイバルモードに突入しそうである。

シーズン3の大まかなあらすじは

アルケーディアをでたクラークは、アイスネーションの王子アーロンに捕まり、レクサのところに連れて行かれ、アークからきた人達の大使としてそこに住むことになる。そしてレクサの統治権の争いを目撃する。
アルケーディアでは、新しくアークの生き残りが加わる。指導者はパイクであるが、グラウンダーたちの強行的な姿勢を崩さず、アルケーディアの指揮権を投票で獲得する。そして自分達を守るためにいたグラウンダー300人を殺してしまう。
ジャハは、AIのアリーに操られ、光の国に全ての人間を誘導するとして、全ての人間を死に追いやる計画をねる。アルケーディアに戻り次第にコンピュータチップを使い、アリーのいいなりになる人間を増やしていき、ついにはグラウンダーたちにもそのチップによってコントローするまでになる。
次第にこの世界が滅びた原因がわかり、原因はアリーであり、まだアリーは最後まで世界を滅ぼす計画をしていること。アリーを作った研究者ベッカは、アリーの後継機器をつくりそれをグラウンダーの選ばれた人間の体に入れてるようにした。そしてその大切なチップ(フレイム)は、レクサの死とともに、クラークの手で管理させることになった。
元フレイムの管理者だった、タイタスからレクサ以外に後継者の候補ルナがいることを知る。ルナは死んだリンカーンの知り合いだった。クラーク、ベラミー、オクタヴィア、モンティ、ジャスパーは、オクタヴィアの持っているリンカーンが残した日記からルナを探す旅に出る。

フィンも死んだんだが、どうしてそれがわかっているのに、ベラミーは大量虐殺に手を貸したのかわからない。たとえ恋人が殺されても今までの戦いの経緯を考えれば、パイクの虐殺を止める側になるはずなのに。
ストーリーの展開からすれば、ベラミーは死ぬんではと思っていたが、先に、リンカーンが死ぬとは非常に意外。レクサも急に死ぬので展開が目まぐるしくわかる。AIアリスの姿は少し退屈。もう少し工夫したほうがよかった。化粧が濃い赤い服を着た女性が出てきても何も脅威に思わない。
それにしても今回のサード・シーズンが一番も展開も早く、どんどん話が変わり面白かった。

あらすじ

Wanheda: Part 1

Mount Weatherに対する戦いは終わった。クラークが空気清浄機を切って、Mount Weatherの住人は全て外気に触れて死んでしまった。クラークは多くの人々を殺した罪悪感のため、キャンプを離れる。
クラークは、氷の国の女王(Queen Nia)が依頼した賞金稼ぎたちから狙われていた。
ジャハとマーフィーがたどり着いた島は不思議な島であった。マーフィーが シェルターに閉じ込められ、なんども自殺する若者のビデオを見せられる。マーフィーは次第に、ビデオから人工知能が、独立して世界を戦争に巻き込み破滅したことを知るようになる。ビデオの若者はクリスという名前で、 A.L.I.E. という人工知能(AI)を、解放させた。マーフィーは、3ヶ月間 シェルターの中に閉じ込められ、ビデオを見ていた。A.L.I.E.という人工知能は、自分を作ったベッカを自分のキャラクターとして使うようになる。

ついにマーフィーは絶望して、自殺まで考えたが、突然シェルターのドアが開き解放される。そしてドローンを追いかけて、大きな屋敷に辿りつく。そこにはジャハが待っていて彼を歓迎する。ジャハはついに光の都市を見つけたとマーフィーに話す。ジャハはマーフィーに、光の世界は良いところで、苦痛も憎しみも妬みもないところだと話すが。マーフィーは、その3つは自分が存在するABCであると反論する。
ジャハは、他の人には見えていないが、 A.L.I.E. と常に話し、何かを企んでいた。実はジャハは、光の国は死後の世界であると思い込み A.L.I.E. とともに世界を滅亡させて人々を光の世界に送る計画を進めていた。
マーフィーは、ジャハが依頼したイーモリたちと島をでて、本土に戻る。

モンティ、ジャスパー、ベラミー、レイヴンは、キャンプから離れた場所を探索し
クラークの行方を追っていた。ジャスパーは、Mount Weatherの住人であった恋人のマヤを失って、精神的におかしくなっていた。
彼らは、クラークを探している氷の国の住人たちと出会う。ジャスパーは、ファーム・ステーションのビーコンを見つけ氷の住人から奪うが、反対に首を切られてしまう。ジャスパーの救急処置のためにファーム・ステーションに彼らはジャスパー連れて戻る。

インドラが現れて、ケーンにクラークがみんなから狙われていることを話す。インドラとともに車ででかけた、ケーン、

最初のドラマでは、歌がフューチャーされている。ジャスパーが来るまで聴く曲。
Add It Up by the Violent Femmes
そしてマッカランがピアノを弾いて歌曲。Add It Up.

クラークは一人で動物を狩って暮らしていた。獲物を取引する場所ですれ違った賞金稼ぎに捕まってしまう。クラークを捕まえた賞金稼ぎは実は氷の国の女王の息子ローアンだった。

The 100 THE 100 / ハンドレッド 〈ファースト・シーズン〉 2014-
http://multimedinfo.sakura.ne.jp/ts_winebar/dreaming_on_clouds/2015/05/the-100-the-100-2014.html

The 100 season2 The100 / ハンドレッド 〈セカンド・シーズン〉 2015
http://multimedinfo.sakura.ne.jp/ts_winebar/dreaming_on_clouds/2015/11/the-100-season2-the100-2015.html

THE 100/ハンドレッド 〈サード・シーズン〉The 100 Season 3 2016
http://multimedinfo.sakura.ne.jp/ts_winebar/dreaming_on_clouds/2016/09/the-100-the-100-season-3-2016.html

The 100/ハンドレッド 〈フォース・シーズン)The 100 season 4 2016
http://multimedinfo.sakura.ne.jp/ts_winebar/dreaming_on_clouds/2017/08/the-100-season-4-4-2016.html

My Rating(評価): 17/20
アクセス数:986

Wanheda: Part 2

ベラミー、モンティ、インドラ、ケーンは車で、第7地区の周りを捜索していたが、そこで罠にはまりアイスネーション(氷の国)の人間たちと思われる者に捕まってしまう。ところが、彼らはアークから生き延びた別の人達だった。その中には、モンティの母のハナもいた。アークでは教師であったパイクが指導者だった。
リンカーンとオクタヴィアは、アイスネーションに襲われたニコを助け、アビーのいる医務室に行く。大量出血のため、アルケイダでは治療できないため、マウントウェザーの治療機器を使うためそこにニコを運ぶ。

クラークを捕まえたローアンは、途中アイスネーションの兵士たちと出会う。ローアンはアイスネーションの人間であり、彼はクラークを女王のもとに連れて行くところだと話す。クラークは兵士の一人かナイフを奪い、ローアンの腹を刺す。

クラークを探していた、インドラ、モンティ、ハナ、ベラミー、ケーンたちは、アイスネーチョンの戦闘の太鼓の音を聞く。
ベラミーは、ローアンがクラークを連れて行くところ見つける。
ローアンは地下道に連れて行き、クーラクを縛り、クラークが刺した傷を自分で治療する。ローアンはクラークことをThe Great Wanheda, Mountain Slayer、山の人々を倒した偉大なる戦士と呼ぶ。そしてローアンは、自分が追放の身であること、そしてクラークを連れて行くことで、部族に戻れると話す。


モンティは、ハナの母から、父がどうして死んだかを聞く。ハナは泣き出して、パイクがモンティに子供を助けるために死んだと話す。ケインはパイクに全てのグラウンダーがアイスネーションと同じではないと告げるが、パイクは自分にとっては誰も同じと答える。

ジャハ、マーフィーたちは、イーモリと彼女の弟オタンの船で、本土に着くが、ジャハが持っていた装置をイーモリはマーフィーに二人で山分けする話を持ちかける。装置をこじ開けると無限のシンボルが刻まれていた。それは、ジャハが光の国に行く鍵であるとマーフィーに与えたコンピュータチップに刻まれていたシンボルと同じだった。


Ye Who Enter Here
レクサは、クラークに、スカイクルを彼女の配下、部族の一つに組み入れる考えがあることを話す。
ベラミー、彼の恋人のジーナ、レイヴンはマウントウェザーに、ファームステーションの避難民のために供給物資を運んだ。そこにベラミーが最初にマウントウェザーの折から救ったグラウンダーのエコーが現われて、アイスネーションが、ポーリスの塔を攻撃する計画があると告げる。ベラミー、パイク、オクタヴィアは、ポーリスに向かう。しかし彼らが塔に到着すると何の差し迫った危険が起きている気配がなかった。暗殺者は、実は、マウントウェザーの中にいて、ジーナを殺して、自爆装置のコードを入力する。シンクレアとレイヴンは暗殺者と争うが、彼ら以外のファームステーションの36人は爆破に巻き込まれ死んでしまう。エコは、アイスネーションの女王ニアに加担していた。


Watch the Thrones グラウンダーの王を決める戦いで、アイスネーションの女王ニアは、彼女の息子ローアンをレクサと戦わせることに決める。アルカディアでは、ベラミーは罪悪感に苛まれ、護衛の仕事を辞退する。モンティはジャスパーの悲しみを受け止めるしかなかった。パイクは、表面だって、ケインとアビーと反対の立場をとり、自分たちの周りを取り囲んでいるグラウンダーについて危険性を説く。パイクは、ベラミーに頼みグラウンダーの軍隊を倒す銃器を彼に供給することを頼む。ケーンと、リンカーン、アビーは、パイクの計画に反対するが、次期キャンプの長官は投票でパイクと決まってしまう。レクサは、ローアンと戦い、勝利を収める。ローアンを殺す代わりに女王のニアを倒す。そしてローアンをアイスネーションの王であると宣言する。パイクはキャンプの指導者として、グラウンダーを攻撃する命令を下す。

Hakeldama
クラーク、レクサ、そして他のグラウンダーたちは、アルカディアを守っていたグラウダーの軍隊がパイクたちより殲滅された報告を受ける。インドラは負傷して生き延び、ベラミーがパイクに彼女は助けるように頼み、そして空の民スカイピープルは、新しく編成された連立を拒絶したことをレクサに告げる役目を課した。レクサはクラークがアルカディアに戻りベラミーや他のものが降伏するように話すことを許可する。クラークはレクサに平和のために、復讐のための戦いの連鎖を終わらせるように頼む。マーフィーとイーモリは、旅人をとらえるための罠を放っていたが、逆に捕まってしまう。捕まえたグラウンダーの一人が、マーフィーが持っているチップを見て、どこでこれを手に入れたを尋ねる。ジャハはアルカディアに到着し、アリーと共に、光の国に人々を入れるための勧誘を始める。レイヴンは足の痛みのために、絶望して、ジャハが進めるチップを飲む。即座に足の痛みが消えたことを喜ぶ。

Bitter Harvest
ローアンは、マウントウェザーの住人の最後の生き残りのエマーソンを捕まえ、レクサのところに送る。クラークに彼の運命を決める責務を与えられた。クラークはエマーソンを殺さず追放することにする。オクタヴィアは、ベラミーにスカイピープルは、グラウンダーからの報復があることを警告する。アビーは、ジャハが彼の息子の記憶をなくしていることから、ジャハから光の国のチップを没収する。アリーは、レイヴンに彼女の二番目のヴァージョンであるアリー2.0がアークのコンピューターにあるかどうか探させる。レイヴンは見つけることができず、ポラリスという伝説的なう13番目の宇宙ステーションの存在していた可能性を考える。この13番目の宇宙ステーションはアークとして合体する前に撃墜されたはずであった。タイタスは捕まえたマーフィーを拷問にかけて、彼が持っていたチップの謎を探る。タイタスの部屋には、13番目の宇宙ステーションから脱出した小型宇宙船があり、ポラリスと書かれてあったが、その二つの文字が消えてポーリスと読めるようになっていた。

Thirteen
マーフィーはタイタスに、彼らの宗教の起源である最初の指揮官は13番目の宇宙ステーションからやってきたとのではと話す。過去の話が始まり、アリーが核戦争の世界の終末を起こし、ベッカ、アリーの創造者、発明者であり、アリーが姿を借りている人物、が、もっと人間性を持ったアリー2.0を作ろうしていた。アークが彼女の研究室であるポラリス基地を破壊する時、ベッカは自分に黒い物質を静注して、アリー2.0を首に埋め込む。そしてアースに向けて小型宇宙船で脱出する。現在に戻り、クラークとレクサは、パイクがリーダーシップの地位から離れるまで、アルケイダを包囲することで同意する。レクサとクラークは別れの前に、深い絆で結ばれる。タイタスは、クラークを殺すことでスカイピープルが滅び、それをマーフィーのせいにしようとする。タイタスがクラークを狙った銃弾はそこに現れたレクサに当たってしまう。レクサの死後、彼女の後頸部に、アリー2.0が埋め込まれていたことがわかった。タイタスは、それを指揮官の魂と呼んでいた。


Terms and Conditions
グラウンダーは、アルケイダに使者を送り、アルケイダを包囲したことを告げる。この包囲はパイクを彼らに引き渡さなければ続くと告げる。パイクは、グラウンダーと戦うことを計画する。一方で、ケインはグラウンダーにパイクを渡す計画を練る。シンクレアは自分から捕まり、リンカーンと協力して収容所でさ争いを起こし、撹乱させる。ケインは身を潜めてパイクを捕まえる機会を探り、パイクを車に乗せ、アルケイダの外に脱出を試みる。ベラミーと他の警護は、車を止めケインを逆に捕まえる。レイヴンはジャスパーに彼女が、パイクのオフィスに入り没収されたチップを取り返すように助けを求める。ジャスパーは、レイヴンに、フィンのことを尋ねるがレイヴンは彼のことを思い出せない。ジャハは将来の計画を考えている時に、ケインに反逆の罪で死刑を宣告する。そしてベラミーとモンティにパイクの側に立つように迫る。


Stealing Fire
ポーリスでは、指導者を選ぶ会議が開かれていたが、アイスネーションのニアの護衛兵だったオンタリは、他の指導者の候補たちを彼らの寝込みを襲い全てを殺す。そして自分が新しい指導者だと宣言する。クラークとマーフィーは、アリー2.0(グラウンダーたちには炎として知られている)チップを盗む。タイタスは、クラークを新しいフレームキーパー(炎の番人)と任命する。そしてクラークにこのフレイムをルナのところ持っていき、彼女を新しい指揮官にするように話す。タイタスは自殺してオンタリの思いどおりにしないようにする。オンタリは、他のグラウンダーたちに自分が炎を持っていると思わせ、指揮官の地位を得るために、ローアンとマーフィーにその秘密を守るように誓わせる。ベラミーはオクタヴィアのところに行き、ケイン、リンカーン、シンクレアたちを処刑から救う手助けをするように頼む。しかしベラミーはオクタヴィアとインドラに捕まる。アビゲイル、オクタヴィア、ミラー、そしてハーパーは捉えられた仲間を助ける計画を立てる。最後にモンティがパイクを裏切り彼らの協力をする。パイクは、捕虜にしたグラウンダーを殺すと脅かしたためリンカーンは彼らをすくために降伏する。オクタヴィアは悲嘆にくれ、何もできず、遠くからパイクがリンカーンを殺すのを目撃する。


Fallen
マーフィーは、偽の炎の番人として、オンタリを助けグラウンダーたちに彼女の掟に従わさせた。彼女はマーフィーを誘惑してセックスをする。パイクは、ケインとシンクレアの脱走にモンティが加担していたことを知る。そしてモンティをアルケイダから追放する。モンティは、ケイン、オクタヴィアそして捕まっているベラミーと再開する。そこにパイクとその部下たちが彼らを捕獲する。ベラミーはパイクの部下たちに、残りの仲間の居所を教えると言って案内する。ところがベラミーは、彼らをグラウンダーの包囲中に誘い込み、パイクたちをグラウンダーに渡す。アリーの影響はアルカイダ全体に及部。レイヴンは自分がコンピューターチップで操られていることを自覚して、アビーとジャスパーに助けを求める。レイヴンは彼女の中にあるチップを、神経ブロックを破壊するように助けを求める。アリーは、レイヴンに痛みと過去の不幸な記憶を思い出させ、彼女の体を制御する。ジャスパーは、ジャハの従者たちに捕まえられ、アルケイダ全体がアリーの虜になっていることに気づく。なんとか、意識のないレイヴンを助け出し逃げ出したジャスパーは、クラークと出会う。

Nevermore
クラークとジャスパーは、ベラミー、オクタヴィア、モンティそしてシンクレアと結集する。彼らはまずレイヴンからアリーのプログラムを取り除く計画を実行する。100人がしていた金属の腕輪が作り出す電磁波を利用してチップをショートさせる計画だった。クラークは、彼女が世話になったニーラのところに行く。そこには彼らの腕輪があった。しかし計画の途中で、ジャスパーがクラークを、マヤの死んだことを責めた。一方で、ニーラの父は、パイクの残虐な大量虐殺の犠牲者の一人だった。モンティとオクタヴィアは、腕輪が上手く働くための補助装置を手に入れるために
昔の彼らの既知だった落下した宇宙船に戻った。しかし彼らは、モンティの母のハナに襲われる。彼女はアリーのコントロール下にあった。ハナがオクタヴィアを襲い頃仕掛けたため、モンティを母を撃ち殺すしかなかった。彼らは装置を持ってニーラのところに戻り、レイヴンのチップを焼く。それでもレイヴンの意識が戻らないため、クラークはレイヴンの首を切り裂いて、チップを取り除く。するとレイヴンは正気に戻り、今までの自分の記憶をたどり、フレイムのチップこそが、アリスを止めることができる唯一のもであると話す。

Demons
クラーク達は、アルカディアの住人がいなくなったこと知る。オクタヴィアからリンカーンが、ルナのことを知っていると聞き、クラークは彼の日記にルナの居所を示す地図があることを発見する。不思議なマスクをしたグラウンダーが、アルカディアに着く前に、ミラー、ハーパー、ブライアンを襲う。グラウンダーのマスクをしてクラーク達も襲ったのは、マウンテンウェザーのエマーソンだった。エマーソンは、オクタヴィア、ジャスパー、レイヴン、モンティを捕まえ、シンクレアを殺す。そしてベラミーに降伏しろと脅す。クラーク達を捕まえたエマーソンは、彼らを監禁し、部屋から空気を遮断してクラークに、彼らが苦しんで死んで行くところを見せようとする。クラークは持っていた、アリー2.0のフレイムを作動させ、エマーソンんの首に侵入させる。彼は黒い血の継承者ではなかったため、直ちにその場で死ぬ。クラークは仲間を助け出す。ベラミーはリンカーンの遺体をオクタヴィアに渡す。そしてシンクレアと一緒に火葬する。その後彼らはルナを探すために海岸へ向かう。レイヴンとモンティは基地に残って、アリーにハッキングする試みをする。イーモリは、ポーリスに着いて、マーフィーと再開する。マーフィはオンタリとの関係を彼女に話す。ジャハもオンタリの指導者なった偽装行為を知りながらポーリスに到着する。イーモリは、アリーのコントロール下にあった。ジャハは、オンタリのところに現れ、彼女が本当の指導者になっていなことを知っていることを話し、ジャハの持っているチップを飲めば、彼女が最も力を持ったものになることを約束する。オンタリはジャハの申し出を飲み、チップを飲む。そしてアリーはスカイピープルとグラウンダー達をすべてをコントロールできるようになった。


Join or Die
アークにまだ100人の若者達が、地球に追放される前に、パイクが彼らにどうやって生きのびるかを教えていた過去に戻る。パイクはマーフィーを叱責し殴打し、他の仲間に協力しあって生きていくことを、身を持って教える。ケインとパイクは、ポーリスにたどり着くが、オンタリに捉えられる。オンタリは全てのグラウンダーにチップを受け入れるように命令していた。パイクは連れて行かれた牢獄で、インドラに会う。彼女はパイクに、殺されたグランダーの痛みを与えるために体を傷つける。しかし同じように捕らわれていたマーフィーは、インドラにみんなで力を合わせてアリーの仲間と戦う必要があると説得する。アリーのコントロール下にあるアビーはケインを騙し、しかしアビーが正気でないことを知る。クラークの居所を聞こうとする。ケインは、両腕を杭で打ち止められ十字架に吊るされる。ケインはあくまでもチップを飲むことを拒否するが、ケインの前でアビーが殺されそうになり、チップを飲むことを承諾する。クラーク達は地図に示された、ルナの居場所が何もない岬であることを知る。彼らが絶望しかけた頃、木の葉が緑の炎になり燃えることを知る。そしてこれがルナへの信号であった。彼らは喜んでルナを待っていたが、海から彼らに忍び寄ってきた何者かに眠らされる。


Red Sky at Morning
アルカディアでは、レイヴンが光の国にハッキングをしようとしているときにハーパーは、モンティを誘惑する。レイヴンは、ついに防御壁を破り光の国の中に入るが、モンティの母のコードによって止められる。モンティは母の声を聞き、彼女の存在が光の国にあることを知る。モンティは迷いながら、レイヴンに母のコンピューターコードを消すようにレイヴンに頼む。レイヴンがアリーを破壊する前に、レイヴンはアルカディアから自分を移動させる。マーフィー、インドラとパイクはポーリスの牢獄から脱出して、ジャハが持っていた携帯型のアリーのコンピューターを破壊する。しかしすでに彼女のシステムは、未だ地球を周回しているアークに移されていた。クラーク達は気がつくと海上の石油採掘基地にいた。クラークは、ルナにフレイムを移植するために来たことを話す。しかしルナはそれを拒否する。クラークはなんとかしてルナの首にフレイムを植え付けることを計画するが、格闘技にはるかに勝るルナに敗北する。しかし本土から帰ってきたルナの仲間が、アリーの支配下になり、ジャスパーとルナを捉える。ルナに拘束されていたクラーク、ベラミー、オクタヴィアは、危険を察知したベラミーの新しい友人のシェイに助けられる。クラーク達はルナ達を助ける。そしてルナはフレイムを受け入れることを承諾する。しかしそれはルナの企みで、彼女は自分がフレイムを受け入れても何も止められないことを知り、彼らを眠り薬で眠らさせ本土に送り戻す。


Perverse Instantiation: Part One
クラークたちは、オンタリアにフレームを入れてアリーを破壊するコードを聞き出すために、ポーリスの塔に侵入する。そこにはジャハたちが待ち受けていて、クラークは捉えられる。そしてクラークからフレームを起動するパスワードを聞き出そうと脅す。最後には母のアビーを操って首を吊らせる。


Perverse Instantiation: Part Two
サードシーズンの最後、クラークは、光の国の中でレイヴンの助けを借りて、抜け道からアリーの中枢がある、宇宙ステーションに移動する。そこにはアリー、アリー2の制作者のベッカが待っていた。アリーのキルスィッチを作動させると、アリーは、地球上の自然が破壊され多くの場所が人間が住めないところになると脅す。クラークはその試練を受ける決心をしてキルスィッチを押す。
コンピューターチップに操られていた人間は全て、正気に戻る。
マーフィーは、クラークを助けるために心臓マッサージをしていた。クラークは息を吹き返し、頸からチップを取り出す。ベラミーは、クラークが世界を救ったと賛辞を送るが、クラークはこれから起こる災害を考えて不安な表情をする。
オクタヴィアは、最後にパイクを突き刺し、その場を去っていく。


ベラミー オクタヴィアの兄、アークの護衛兵だった。100人の若者の指導的立場だった。

レイヴン エンジニア、背骨の傷から足の痛みがある。アークでは、フィンの恋人だった。
ジーナ サードシーンズンでベラミーの恋人、マウントウェザーで死ぬ。
インドラ グラウンダーティクルの部族の長、 オクタヴィアを指導した。
アビー クラークの母、アークの医師
ケイン アークのもと副指揮官、

ファームステーション  アークの一部、パイクたちが乗っていた宇宙ステーション。雪の中に不時着した。アイスネーションに襲撃されて、モンティの父が死んだ。

The Ark 宇宙ステーション 核戦争後97年間生き延びた人達が住んでいた。

Arkadia アルケーディア 100人の若者の中の生き残ったものと、アークから生還したケーン、アビーたちが作るキャンプ
Skaikru  スカイクル アークにいた住人、宇宙から地球に来た者たち Skycrewのなまりだろう。

Wanheda. ウァンヘダ クラークのあだ名、死を司る者、死の司令官、Mount Weatherの住人を殺した司令官だから。

モンティ 東洋人。母のハナがファームステーションから生き延びて出会う。パイクの部下であり、ケインたちの争いの中で自分の立場に悩む。

リンカーン グラウンダーでオクタヴィアの恋人、
オクタヴィア ベラミーの妹、宇宙基地で生まれたことを報告せず隠されて育てられた。

オンタリ Ontari アイスネーションの女王ニアに気に入られていた。
タイタス Titus フレームキーパー、グラウンダーの指導者にフレームを渡し、真の指導者の資格を与える役割。次期グラウンダーの指導者を育てる役目も持っていた。

ポーリス グラウンダーの首都  


Wanheda: Part 1
クラークが、自分のとった行動を受容できなために、アルケーディアのキャンプを離れて、彼女の感情を抑えるために新しい挑戦に挑んでいた。アルケーディアのキャンプでは、力の追求のために政治的な紛争が起き始めていた。

Wanheda: Part 2
ベラミーとケインは、クラークを助けるために危険な探索をしていた。アビーは、マウントウェザーを、医療施設として使い始めた。マーフィーはジャハに対抗した計画を練っていた。

Ye Who Enter Here
クラークを手中におさめたレクサは、スカイクルにグラウンダーの一つの部族として支配下に収めることを画策し、ケーンとアビーは、レクサの住むポリスサミットに出向く。アイスネーションは、スカイクルと他のグラウンダーの部族との争い種を作る計画を練っていた。


Watch the Thrones
クラークは、悪質な計画の首謀者を発見する。ケーンは、グラウンダーとの平和を維持するように努力していた、一方で、ジャスパーのマヤをなくした悲しみは深く、彼は危険な行動をとるようになった。

Hakeldama
パイクの歪んだグラウンダーの討伐は、クラークが求めた平和を遠ざける結果となった。足の痛みに苦しむレイヴンは次第にジャハとアリーの標的になった。マフィーはジャハに対して陰謀を企む。

Bitter Harvest
クラークは彼女のマウンテンウェザーのエマーソンを捉え、クラークはエマーソンに対する処罰をどうするか迷う。アビーはジャハの行動に疑いの目を向ける。


Thirteen
怒りと復讐への渇望そして部族からの正義を主張する動きはレクサを危険な位置に立たせていた。マーフィーは、ポリスの正体をについて新しい秘密を知った。レクサに対する危険な反乱が起き、クラークとレクサはお互いの信頼関係を試される。


Terms and Conditions
ケーンはパイクを止めようとするが、パイクはケーンたちの企みを知る。ケーンは、アルケィディアの平和のためには、思い切った手段を講じなければいけなかった。

Stealing Fire
ベラミーはパイクからケーンを救う企てをする。クラークとマフィーは、タイタスとAIに対してどうするかを相談する。ベラミーは、オクタビアから自分の行動の過ちを責められた


Fallen
ジャハはコンピューターチップを使ってアビーを服従させる。ケーンは十字架に吊るされる。 ベラミー厳しい真実に打ちのめされた。モンティは、自分が危うい立場にいることに気がつく。


Nevermore
クラークとその仲間は、アリーのコントロールからレイヴンを救おうとする。しかしながら、そのためにはレイヴンの命に危険のある方法をとる必要があった。

Demons
アリーは、レイヴンを悪の道に戻すように仕向ける。ジャスパーの怒りは収まらない。オクタヴィアは、グラウンダーを選ぶか、今までの仲間を選ぶがか迷っていた。モンティは、母を選ぶから前からの仲間を選ぶが迫られていた。

Join or Die
クラークは、ルナを探し、フレイムを彼女に移植することを計画する。マーフィーは、パイクの助けを借りて、アリーを破壊する計画を立てる。ケインはずっとチップを飲むことを拒否してきたが、アビーを殺す脅しを受けて、チップを受け入れる


Red Sky at Morning
クラーク、ベラミー、オクタヴィアそしてジャスパーは、ルナを探す旅をして、海岸にたどり着く。レイヴンとモンティはコンピュータを使ってアリーの中に侵入する鍵を探す。

Perverse Instantiation: Part One
クラークたちは、オンタリアにフレームを入れてアリーを破壊するコードを聞き出すために、ポーリスの塔に侵入する。そこにはジャハたちが待ち受けていて、クラークは捉えられる。そしてクラークからフレームを起動するパスワードを聞き出そうと脅す。最後には母のアビーを操って首を吊らせる。


Perverse Instantiation: Part Two
サードシーズンの最後、クラークは、光の国の中でレイヴンの助けを借りて、抜け道からアリーの中枢がある、宇宙ステーションに移動する。そこにはアリー、アリー2の制作者のベッカが待っていた。アリーのキルスィッチを作動させると、アリーは、地球上の自然が破壊され多くの場所が人間が住めないところになると脅す。クラークはその試練を受ける決心をしてキルスィッチを押す。
コンピューターチップに操られていた人間は全て、正気に戻る。
マーフィーは、クラークを助けるために心臓マッサージをしていた。クラークは息を吹き返し、頸からチップを取り出す。ベラミーは、クラークが世界を救ったと賛辞を送るが、クラークはこれから起こる災害を考えて不安な表情をする。
オクタヴィアは、最後にパイクを突き刺し、その場を去っていく。

The 100 THE 100 / ハンドレッド 〈ファースト・シーズン〉 2014-

The 100 season2 The100 / ハンドレッド 〈セカンド・シーズン〉 2015

THE 100/ハンドレッド 〈サード・シーズン〉The 100 Season 3 2016