Orphan Black season 3 オーファン・ブラック 暴走遺伝子 シーズン3

  • 投稿日:
  • 更新日:
  • by
  • カテゴリ:

Orphan Black season 3 オーファン・ブラック 暴走遺伝子 シーズン3

前回のシーズン2で混乱した僕の頭がこのシーズン3でかなり整理された。
そしてやっと人間関係が明らかになってきたし、まだ謎があるのは当然だが。

サラとヘレナの関係がやっぱり面白い。彼女らはクローンであるが、双子である。かなり危ないヘレナを助けようとするサラ。ヘレナの暴走は止まらない。
それにしてもサラの娘のキラの回復能力は物語の鍵なのだが、それはまだ小出しのようだ。サラの兄?フェリックスにも秘密がありそうだが、それも明かされていない。アリソンのエピソードはかなりストーリーの展開とは独立しているが、ちょっと安心して、コメディを観ているような雰囲気に突然入れるところがいいのかもしれない。コジマのれず関係はややじとじとしていてあまり好きではないが。

LEDAとかCASTORの戦いが今回の中心。LEDAとCASTOR表裏一体の組織であった。LEDAはサラ達のクローンを扱って何かを研究しているし。カストールはおそらくサラ達の兄弟の遺伝子から作られたクローンで作られた組織である。しかし、コジマにしてもカストールの男達も遺伝的に不完全で病気になりやすい。

LEDAとかCASTORのクローンたちが実は、一人の人間の細胞のクローンであることがわかる。それも Mrs. S( Siobhan )の母である。ということは、サラは Mrs. Sと姉妹ということか。かなり複雑だが。だからと言ってキラの回復能力とはあまり繋がらない。どうしてシボーンの母の遺伝子が男性と女性のモザイクでそれが必要だった理由はそういえばはっきり理解できなかった。
そして最後はNeolutionが出てきた。どうして口の中から寄生虫のような虫が出てきたのだろうか?ザ・ストレインと同じようになってきた。そしてレイチェルはどこに行ったか。
ネオルーションとダンカン、妻とレイチェルの関係は何か?サラとアートの関係もわからないが、アートの正体もはっきりしない。

ベスの同棲相手であり、サラに気があったポールが死んでしまうのもこのシーズン3のクライマックスの一つだろう。


The Weight of This Combination
Transitory Sacrifices of Crisis
Formalized, Complex, and Costly
Newer Elements of Our Defense
Scarred by Many Past Frustrations
Certain Agony of the Battlefield
Community of Dreadful Fear and Hate
Ruthless in Purpose, and Insidious in Method
Insolvent Phantom of Tomorrow
History Yet to Be Written

My Rating(評価): 14/20
アクセス数:1508

Orphan Black オーファン・ブラック 暴走遺伝子 2013 のコメント

Orphan Black second season オーファン・ブラック 暴走遺伝子2 セカンドシーズンのコメント

Orphan Black season 3 オーファン・ブラック 暴走遺伝子 シーズン3のコメント

Orphan Black season 4 オーファン・ブラック 暴走遺伝子 シーズン4のコメント