The 100 THE 100 / ハンドレッド 〈ファースト・シーズン〉 2014-

  • 投稿日:
  • 更新日:
  • by
  • カテゴリ:

the100 season1The 100 THE 100 / ハンドレッド 〈ファースト・シーズン〉 2014-

出演: イライザ・テイラー, ペイジ・ターコー, イザイア・ワシントン, ヘンリー・イアン・キュージック, トーマス・マクドネル

宇宙空母ギャラクティカとロストがミックスしたようなテレビシリーズで、サバイバー 2014という映画があったが、なんかそれに近いストーリーだが。

地球では核戦争が起きて、100年は住めないと言われた。宇宙に逃げ伸びた人類は、
宇宙ステーション"アーク"Arkを構築し、ほぼ100年が経とうしていた。 その間にアークは人口増加と資源の枯渇、酸素の不足など機能不全に陥りかけていた。司令官ジャハとアビゲイル博士は地球が居住可能な状態であるかを調査するため、服役中の少年少女100人を地球へと送り込む。

このアークでは資源が枯渇してきたため、18歳以下以外の犯罪者は、全て死刑(float)、宇宙区間に捨てられる。アークの生命維持装置に重大な障害が発生したため、18歳以下の犯罪者は消耗品とみなされ、地球が住める環境にあるかどうか、試すために100人が地球に送られることになる。
地球は人間が住めるようになっていたが、放射能に侵され、生き残った人間も含め地球の生態系に変化が起きていた。
100人の中で確執がおきのだが、アビゲイル博士の娘クラークは、次第に指導力を発揮していく。ベラミーは、司令官ジャハを撃てば、ある人から妹のオクタビアのそばにいられるように脱出船に乗り込むことができると提案される。ベラミーはみんなに司令官を撃ったことを隠しながらリーダー的存在になっていく。

地球の住人には、グラウンダーズ、リーパー、マウンテインメンなどの種族がいる。

このseason1の最後を見ると、次のシリーズがやっぱり見たくなる。
全体的なストーリーの展開はちょうど良いくらい興味を持たせるものである。

イライザ・テイラーはオーストラリア出身。The 100 がアメリカでのデビューとなる。シーズンワンの最後はクラークが、バイオハザードの2作目のように病院のような部屋で目覚めるところから始まる。裸ではないが。


season 1

Pilot
核戦争から97年が経ち、人間は宇宙に住んでいた。100人の若い犯罪者たちは、地球が住めるところになっているかどうか調べるために地球に送られた。ベラミーは、メンバーにアークと自分たちの情報が送られる腕をはずことを提案する。

Earth Skills
ジャスパーがまだ生きているかどうかを調べるために、クラーク、ベラミー、フィン、ウェルズとマーフィーは彼を探しに出かける。アークでは、100人からの腕輪の反応が途絶えた。しかしアビーは、彼らが生き残っていること、地球が住めることを証明することを決心し、脱出用の小型宇宙艇を修理する技術者を探した。

Earth Kills
危険な酸性の霧が迫ってくる時に、フィンとウェルズは、ジャスパーの傷を治す抗生物質の湿布をつくるために、赤い海藻のような植物を探しに出かける。ベラミーが食事を探しに出かける時に、か弱い若い少女シャーロットが追ってきた。ベラミーは彼女を勇気付け、一つのナイフを贈る。

Murphy's Law
みんながシャーロットが司令官ジャハの息子ウェルを殺したことを知った時、ベラミー、クラークとフィンは彼女を守ろうとした。アークでは、アビーが、死刑になる危険を冒し、レイヴンを脱出用の宇宙艇で逃がす。
マーフィーの法則
マーフィーが悪者のように扱われるのだが、別にマーフィが悪いわけではないが、やっぱりここでは悪者である。マーフィーの法則は、実際に論理的はなく、ユーモアを交えた経験論からきている。

Twilight's Last Gleaming
レイヴンが地球にたどり着き、アークと通信できるようになった。アビーはケインがアークの住人の人口を減らす計画を知らされる。

His Sister's Keeper
ベラミー、フィンそしてジャスパーが、オクタヴィアを探しに、グラウンダーの領地に探しにいく。ベラミーとオクタヴィアがアークでの苦しい生活が明らかになる。レイヴンは、フィンとクラークが愛し合っていることを知る。

Contesnts Under Pressure
ベラミーがグラウンダーの一人を拷問にかけている時に、レイヴンとクラークは、アークと通信して、アビーにフィンを助けるように求める。アークでは、ケインは地球が住めることがわかり、ケインの計画によって多くの人が亡くなったことに罪の意識を感じ始めた。ジャハと委員会がディアナを新しい高官のメンバーにする。

Day Trip
シャムウェイ(グラウンダーの一人)は、100人の一人にベラミーを殺すように命令する。幻覚性の木の実を食べて幻覚を見る症状が100人のキャンプの中で広がる。オクタヴィアはそれを利用してグラウンダーが逃げるのを助ける。ベラミーとクラークは近くの地下の貯蔵室を探し当て、銃などを手にいれる。

Unity Day
Unity Dayは、12の宇宙ステーションが合体してアークとなったのを祝う日である。
フィンは、クラークとグラウンダーのリーダーが会って和解する話し合いを持つことを計画する。しかし懐疑的なクラークは、密かにベラミー、ジャズパー、レイヴンに武器を持ってついてくるように相談する。アークでは、ダイアナが脱出用の宇宙船を乗っ取っていた。

I Am Become Death
マーフィーが、キャンプに戻り、恐ろしいウィルスを持ってきた。キャンプの力を削ぐためのグラウンダーの計画だった。グラウンダーの計画を知ったベラミー、フィンとレイヴンは彼らの襲撃を遅らせる計画をねる。
クラークは、橋のところで爆弾をしかけグラウンダーに打撃を与えた。クラークはI Am Become Deathと呟く。

オッペンハイマーの言葉が引用されている。私は死神になった。オッペンハイマーは原爆の父であり、当然それは日本の死神である。

The Calm
クラークとフィンは、グラウンダーの首領のアーニャに捕われる。アーニャは、クラークに、橋の爆発により怪我を負った少女を助けるように依頼される。レイヴンはフィンと別れる。アークでは、ケインが、アークと生存者を助けるように戦っていた。

We are Grounders Part1
リンカーンがクラークとフィンをアーニャから救ったが、その後に新しいてきリッパーと遭遇していた。その間、ベラミー、レイヴン、オクタヴィアとジャスパーは復讐に燃えるマーフィーと戦っていた。アークでは、ジャハは地球に戻る計画を練っていた。

We are Grounders Part2
the 100の生存者は、グラウンダーと戦い、ジャハは、アークを地球に戻すため一人だけ宇宙に残る。

The 100 THE 100 / ハンドレッド 〈ファースト・シーズン〉 2014-
http://multimedinfo.sakura.ne.jp/ts_winebar/dreaming_on_clouds/2015/05/the-100-the-100-2014.html

The 100 season2 The100 / ハンドレッド 〈セカンド・シーズン〉 2015
http://multimedinfo.sakura.ne.jp/ts_winebar/dreaming_on_clouds/2015/11/the-100-season2-the100-2015.html

THE 100/ハンドレッド 〈サード・シーズン〉The 100 Season 3 2016
http://multimedinfo.sakura.ne.jp/ts_winebar/dreaming_on_clouds/2016/09/the-100-the-100-season-3-2016.html

The 100/ハンドレッド 〈フォース・シーズン)The 100 season 4 2016
http://multimedinfo.sakura.ne.jp/ts_winebar/dreaming_on_clouds/2017/08/the-100-season-4-4-2016.html

My Rating(評価): 14/20
アクセス数:6212