Blue Jasmine ブルージャスミン 2013

  • 投稿日:
  • 更新日:
  • by
  • カテゴリ:


Blue Jasmine ブルージャスミン 2013

監督: ウディ・アレン
脚本: ウディ・アレン
出演: アレック・ボールドウィン, ケイト・ブランシェット, サリー・ホーキンス, ピーター・サースガード

第86回 アカデミー主演女優賞 ケイト・ブランシェット

このストーリーは、テネシー・ウィリアムズによる戯曲の欲望という名の電車をもとにしている。そのため、最初は、ウディ・アレンの軽いタッチのストーリー展開であるが、最後に重い終わり方になり今までのウディ・アレンとは違った味が出ている。ただ、ストーリーの展開のバランスはあまりよくない気がするんだが。


ニュヨークで豪華な生活をしていたジャスミンは夫ハルの金融詐欺が発覚し、破産する。子供も彼女のところから去り、サンフランシスコの妹ジンジャーのアパートに一時的に住むことになる。しかし過去のセレブの生活をやめることが出来ず、抗うつ薬を飲みながら、過去のフラッシュバックとともに独り言の症状がある。

彼女のフラッシュバックの症状とともに、なにが彼女に起きたのかが次第に明らかになる展開である。ここはウディ・アレンの脚本がうまいところだろう。
次第に幸せのように見えた夫婦生活に破局が来ていて、夫ハルの度重なる浮気が発端で、彼女がFBIに電話したことで金融詐欺がばれたこと。そして夫は監獄で自殺したことがわかる。
サンフランシスコで再度セレブにもどれる夢も消え、息子が彼女が密告したこと夫を追い込んだことを恨みに思っていることがわかり、彼女の精神は壊れてしまう。

ウディ・アレンの今までの楽観的なストーリーとは違い、アメリカの表面は華やかであるが、内面に深い醜い面をもっていることを浮き彫りにした映画になっている。

ケイト・ブランシェットの精神が壊れて行く演技は何とも言えない。僕には最後のシーンにはすこし違和感があるんだが。

ブルームーンの音楽が印象的である。フランク・シナトラが歌うロマンティックな歌だ。

映画ででてくるa Stoli martini with a twist of lemonは、ドライジンの代わりにウォッカのストリチナヤベースにベルモットを混ぜてウォッカ・マティーニにしてレモンを搾ったもの。
よく007が注文するウォッカ・マティーニである。

My Rating(評価): 14/20
アクセス数:13