ロスト LOST final season の結末の意味は?

  • 投稿日:
  • 更新日:
  • by
  • カテゴリ:

ロストが終わった後に、いったい何が起こったのか分からなかった人が多かったと思う。同時に進んでいたストーリーは結局現実ではなかった。その結末の解釈はということで、アメリカのサイト(screen rant)となどを参考に自分の解釈をまとめると
1.オーシャニック815の最初の事故でみんなは最初に死んでいたのでは、
2.実際に島は存在し、ジャックが死に、あの島で死んだ人たちは、天国に行けずにさまよっていた。そして最後にみんなで天国に行くことになる。

1.はジャックが父から最後に聞いた、死んだものには、時、現在等は関係がないという説明がある。これは、みんながいろいろな現世の時間で死んでいても最後にはみんなが繋がって天国にいく流れを説明している。またヒューゴがベンに君は最高のNo.2だったと言うと場面があり、彼らがしばらく島を管理していたことが考えられる。こうしたことが、1の説を明らかに否定している。

他のこまごまとしたことは、TVシリーズであるから、ストーリーの整合性よりも視聴率のために、いろいろなトラップを作って来たので説明されないで終わることはしかたがないか。
2.の説からすると彼らは、オーシャニック815の事故がなかった仮定した生活をしており、彼らのかなえられなかった生活を夢見ていたのであろう。この仮の世界を中心に作っているのは、ジャックだろう。ただ、ジャックがジュリエットと結婚していたことは、どうして?ジャックが望んでいたのか?
そしてケイトはいったい誰が好きだったんだろう。ジャックが死ぬ前にケイトはジャックを愛していると言ったが、本当にジャックを愛していたのか?やっぱりジェームスだろう。このあたりはSoap TVとしかいえない。

My Rating(評価): 17/20
アクセス数:1679