タグ「Natalie Portman」が付けられているもの

Mars Attacks! マーズ・アタック! 1996

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Mars Attacks! マーズ・アタック! 1996

監督: ティム・バートン
出演者: ジャック・ニコルソン, グレン・クローズ, アネット・ベニング, ピアース・ブロスナン, マイケル・J・フォックス, サラ・ジェシカ・パーカー, トム・ジョーンズ, ナタリー・ポートマン, ジム・ブラウン

この風刺の効いた火星人侵略映画は、さすがティム・バートンだと唸らさせるくらい面白い。火星人のCGも楽しい。頭というか脳がパチンと弾けるのもまたいい。当時でも信じられないくらいの俳優がいっぱい出ている。
最終的には、H.G.ウェルズの宇宙戦争と同じ展開である。

ジャック・ニコルソンが一人二役で大統領、詐欺師などの役をうまく演じて、うまく風刺を効かせたストーリー展開になっている。この火星人侵略は、今のアメリカ人がインディアンを侵略した当時をもじっている。大統領は、常に火星人は友好的だと考えるのであるが、いつも火星人の裏切りにあって人間が殺されていく。

熱帯魚の水槽があるケネディと名がついた秘密の部屋などもなにか本当にホワイトハウスにありそうである。

ピアース・ブロスナンのケスラー博士が首だけになった姿と、サラ・ジェシカ・パーカーのナタリーが、犬の胴体に付け替えられて話し合うシーンがまたいい。SFファンにはたまらない。

リッチーの祖母ちゃんが聞くインディアン・ラブ・コールが宇宙人とって脳を刺激して破壊することがわかり、リッチーが放送局で流すことで世界を救う。
でも鳥の鳴き声も関係があったんだろうが。

サラ・ジェシカ・パーカーが出演しているんだが、当時は有名でなかった。セックス・アンド・ザ・シティは1998年から、この映画は1996年。

ナタリー・ポートマンは、まだこの当時はあどけなさが残っている。いいね。

ジャック・ニコルソンが一人二役だったのは気づかなかった。詐欺師のアート・ランドとジェームズ・デイル大統領を演じていた。

トム・ジョーンズが実在の歌手として出演しているのも驚き。
この映画でどうしても気になるのは、大統領の地下基地にある世界地図である。ここにはなんと日本がないのである。他は細く描かれているが日本がないのである。
これは映画であっても国際問題になるはずである。おそらくこの地図を作った人の明らかな意図だろう。

Thor: The Dark World マイティ・ソー/ダーク・ワールド 2013

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Thor: The Dark World マイティ・ソー/ダーク・ワールド 2013

監督: アラン・テイラー
出演: クリス・ヘムズワース, ナタリー・ポートマン, トム・ヒドルストン, アンソニー・ホプキンス, ステラン・スカルスガルド

Thorの第二作品目である。前2作を見ると、それほど面白い訳ではなく、Marvel Comicの人気のおかげで受けているだけと思っていが、今回の第二作はやっと面白い映画のレベルに上がって来ている。実際はアベンジャーを挟んで、話が続いている。

今回は、Malekithとの戦いであるが、そこにうまくLokiが絡んで面白い展開になっている。最後のシーンも印象的である。ストーン・ヘンジでのシーンなどで活躍したエリック・セルヴィグ博士やジェーンの研究仲間ののユーモアなところも観客には好印象かもしれない。今後の展開、第三作が期待できるところである。

ジェーンもお飾りでなく、重要な役割を与えられている。だからと言ってなにかお荷物的なところは変わらないが。

何にしてもナタリー・ポートマンやアンソニー・ホプキンスなどのビッグスターがでているところもいいんだろう。

Paris, je t'aime 2006 パリ、ジュテーム

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

監督: トム・ティクヴァ, ガス・ヴァン・サント, ジョエル&イーサン・コーエン, アルフォンソ・キュアロン, ウォルターサレス
出演: ナタリー・ポートマン, イライジャ・ウッド, ジュリエット・ビノシュ, スティーヴ・ブシェミ, ウィレム・デフォー

恋の物語がパリのどこかで起こる。18の恋の物語。花火とエッフェル塔、パリの朝、夜の風景などパリの風景が満載である。短編が短いので、まずはストーリーを掴んでは、終わっていくちょっとめまぐるしい感じである。ただ、一つ一つの物語がしっかり作り込んであるので見応えも十分にある。
チェイルリーの地下鉄のやり取りが面白い。中年のアメリカ人がガイドブックを見ながら楽しんでいたら、とんでもないフランスのカップルとで合う。ペール・ラシェーズ墓地でのオスカー・ワイルドの幽霊。ここには、イライジャ・ウッドが出てくる。
エッフェル塔のパントマイムの話も、最初はわかないが面白いのである。マドレーヌ界隈で起こる吸血鬼との恋。フォブール・サン・ドニのナタリー・ポートマンもどこにもいるような可愛い娘を演じていていい。
物語にでてくる場所は、
モンマルトル、セーヌ河岸、マレ地区、チュイルリー、16区から遠くはなれて、ショワジー門、パスティーユ、ビィクトワール広場、エッフェル塔、モンソー公演、デ・サンファン・ルージュ地区、お祭り広場、ピガール、マドレーヌ界隈、ペール・ラシェーズ墓地、フォブール・サン・ドニ、カルチェラタン、14区

Hesher 2010 メタルヘッド

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

監督: スペンサー・サッサー
出演: ジョセフ・ゴードン=レヴィット, ナタリー・ポートマン, レイン・ウィルソン, デヴィン・ブロシュー, パイパー・ローリー

母を亡くしたTJ、妻を亡くした父ポール、そして年老いた祖母のどんよりした生活の中に突然入り込んでしまう。ヘッシャーの型破りな生き方、振る舞い方が、3人家族の中に溶け込んで行くのが本当に面白い。
インセプション、500日の夏のジョセフ・ゴードン=レヴィット。これが飛んでいるヘッシャーを演じていて楽しい。ナタリー・ポートマン演じるニコルはそれほど重要な役ではないが、TJの幼い初恋の相手。ナタリー・ポートマンは、こういった目立たない役を好んで演じている事が多いと感じていしまう。でもやっぱりこの映画の主役は、デヴィン・ブロシュー演じるTJだ。彼の演技は素晴らしい。複雑で繊細な少年をしっかりと演じている。
ジョセフ・ゴードン=レヴィットによると、ヘッシャーのモデルとなっているのは、メタリカのクリフ・バートンらしい。プールのシーンでR2と叫んでいるヘッシャー。スターウォーズで遊ぶ世代だなと笑ってしまった。それだけでなく、ナタリー・ポートマンがスターウォーズに出演していたのだがら叫びたくなるのもわかる気がする。
最後のシーンも楽しい。屋根に書かれたのを読んで本当に楽しくなってしまう。

ヘッシャーのタイプはよく日本のドラマで出てくるんだが、今すぐには思い出せない。日本語の題名がメタルヘッドは、今回もあまりいけてない。

My Blueberry Nights 2007 マイ・ブルーベリー・ナイツ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

監督: ウォン・カーウァイ
出演: ノラ・ジョーンズ, ジュード・ロウ, デヴィッド・ストラザーン, レイチェル・ワイズ, ナタリー・ポートマン

ニューヨーク。失恋したエリザベスは、とあるカフェに出入りするようになる。
そのカフェには、毎晩ブルーベリー・パイを残して待っていてくれるカフェのオーナー、ジェレミーがいた。
ニューヨークに住んでいたエリザベス(ノラ・ジョーンズ)が、恋人にふられて、
カフェで働くジェレミー(ジュード・ロウ)に出会う。そして恋人を忘れるたびに出て、いろんな人に出会う。
オムニバス形式的に主人公のエリザベスの目を通して、去った妻(レイチェル・ワイズ)をいつまでも思い続ける警察官、人が信じられないギャンブラー レスリー(ナタリー・ポートマン)が、病の父に会いに行くのにつきあう。様々な愛の形を見ながら、次第に失恋から立ち直って行くエリザベス。

ウォン・カーウァイは香港の監督で、脚本も参加している。恋愛の描き方は、どちらかと言えば、エリザベスが1年近くジェレミーに手紙を書き続けたり、ジェレミーが好きなエリザベスをずっと待っているのも、アジア的なテイストと感じるのだが。
他にもよく考えると、アジア的なのは、
映画のポスターにもなっているキスシーンのきっかけの、カフェで売れ残りのブルーベリーパイをアイスをつけてエリザベスにサービスする。
また、ジェレミーのカフェの名前はKlyuchで、ロシア語で鍵の意味。カフェに忘れてある鍵をいつまでも保管しているジェレミー。
どうして鍵はすてないの?
そうしたら、開くかもしないドアが永遠に閉ざされるんだ?それは僕の判断ではできないんだ。
こんな会話もアメリカ的ではないと思うんだけど。

それにもまして映像が美しい。夜のシーンが多いが、それはステイリッシュになっているし、ラスベガスに向かうドライブのシーンは夕日なども交えて美しい景色が広がる。
またカフェのシーンが多く、そこで出会う人々が新鮮に描かれている。

ルイ・ヴィトンが全面協力?? ナタリー・ボートマンやレイチェル・ワイズの衣装かな??

The Other Boleyn Girl 2008 ブーリン家の姉妹

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

出演: ナタリー・ポートマン, スカーレット・ヨハンソン, エリック・バナ, ジム・スタージェス, マーク・ライアンス
監督: ジャスティン・チャドウィック
フィリッパ・グレゴリーの小説を原作にした映画。この小説は、アンの妹のメアリーの視点で描かれている。
イギリスの歴史の中でヘンリー8世の話は不思議に満ちている。ブーリン家のアン、メアリーがどのように関わったのか、エリザベス1世の出生もこの映画に出てくる。この映画に感じたのは、やはりアンについては表面的な描かれ方をされているが、メアリーは幾分、彼女の性格を表す事柄が描かれていると感じる。その意味でこの映画がどの立場かはっきりしない部分があるために、観客に訴える力が不足しているように感じる。
ナタリー・ポートマンもスカーレット・ヨハンソンも美しいが、二人ともイギリス人と言う感じがしないんだが。

ナタリー・ポートマン Natalie Portmanの映画のコメントは、こちら

New York, I Love You 2009 ニューヨーク, アイラブユー

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

監督
Fatih Akin (segment "Fatih Akin")
Yvan Attal (segment "Yvan Attal")
Randall Balsmeyer (transitions "Randy Balsmeyer")
Allen Hughes (segment "Allen Hughes")
Shunji Iwai (segment "Shunji Iwai")
Wen Jiang (segment "Wen Jiang")
Shekhar Kapur (segment "Shekhar Kapur")
Joshua Marston (segment "Joshua Marston")
Mira Nair (segment "Mira Nair)
Natalie Portman (segment "Natalie Portman")
Brett Ratner (segment "Brett Ratner")

出演:アンディ・ガルシア、 ブラッドリー・クーパー、ヘイデン・クリステンセン、オーランド・ブルーム、ナタリー・ポートマン

ニューヨークで起る愛の物語を、オムニバス形式で10人の監督がつくり11人目の監督が有機的につないでいく。
ナタリー・ポートマンが重要な配役でないのは、見ていてやっと気づいた。何故か日本の宣伝はかなり上にナタリー・ポートマンがくるんだけど。それと彼女はこの映画の監督もしている。アメリカらしいストーリもあるが、日本人の岩井俊二や中国人のWen Jiangも参加しているのでちょっと変わったテイストのストーリもある。
どれもそれなりにいい話。それがすこしづつ繋がりを持っている。ただオムニバス形式はやはりおつまみみたいな感じでメインディナーがないような気がする。
この映画を見て思うのはやはりニューヨークは恋人達が似合うね。

Garden state 2004 終わりで始まりの4日間

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

監督: ザック・ブラフ
出演: ザック・ブラフ, ナタリー・ポートマン, ピーター・サースガード, イアン・ホルム

この映画は、監督のザック・ブラフが、脚本、主演もしている。本人にとっては、夢のようなことをかなっている。共演もナタリー・ポートマンだし。
母が亡くなり9年ぶりに帰ってきた故郷で、幼友達に会い、病院の待合室でサムに出会い次第に自分を取り戻して行くアンドリューが描かれている。
最初の飛行機の中でのシーンも印象的であるが、採掘現場でずぶぬれになってボート様な家を尋ねるシーンが印象的である。そして採掘器に登って三人が叫ぶ所がやはり好きだ。この映画でサイドカーが必要だったかわからないが、なにかこれに乗ってみたかったという思いが伝わってくる。
幼なじみ達とパーティーが行われている大きな屋敷は一体なんだろうか、不思議だったが。みんなでプールに入るシーンもいい。

実はこの映画は見るのが2回目だったが、雨のシーンでボートのような家を尋ねるところで思い出した。前回見た印象がほとんどないのはどうしてだろうかと考えてると、これは英語のみでみたので細部の内容が理解できていないから印象に残らなかったんだろう。

Love and Other Impossible Pursuits 2009 水曜日のエミリア

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

監督: ドン・ルース
出演: ナタリー・ポートマン, リサ・クドロー, スコット・コーエン, チャーリー・ターハン

期待していないで見た映画であるけど良かった。
家庭のある男に恋をして、結婚して幸せを手に入れたかのように見えた。しかし、義理の息子とはうまくいかず、生まれてすぐ亡くなった娘のことで悩んでいる。次第に夫とも不和になっていく。
SIDS(乳児突然死症候群)で娘を亡くした母の悩みを丹念に描いている。そして父と母の関係、そして義理の息子、夫、夫の別れた妻と間の葛藤もしっかりと描かれている。ナタリー・ポートマンの演技が自然で素晴らしい。義理の息子と関係が本当に面白い。なんだ水曜日はお前が迎えにくるのかとエミリアに言って、It sucks.とつぶやく。そして次第に二人の関係も雪解けが始まるのだが。
最後の夫の和解はやや不自然だが。ストーリの全体のできはすばらしい。

ナタリー・ポートマンのまとめは、 http://multimedinfo.sakura.ne.jp/ts_winebar/dreaming_on_clouds/movies/-natalie-portma.html

Goya's Ghosts 2006 宮廷画家ゴヤは見た

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

監督: ミロス・フォアマン
出演: ハビエル・バルデム, ナタリー・ポートマン, ステラン・スカルスガルド

ナタリー・ポートマンが一人で3役の演技をしている。母、監獄が出た母、娘の役である。この頃のポートマンが一番奇麗だったかもしれない。
フランス革命前後のスペインが画家ゴヤの目を通して描かれている。修道士であったロレンツォとイネスの運命が絡み合い、最後の結末へ流れて行く。
ゴヤに興味がある人、スペインの歴史に興味のある人、ナタリー・ポートマンが好きな人にはお勧めだが。

ナタリー・ポートマンのまとめは、 http://multimedinfo.sakura.ne.jp/ts_winebar/dreaming_on_clouds/movies/-natalie-portma.html

Thor 2011 マイティ・ソー

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

監督: ケネス・ブラナー
出演: クリス・ヘムズワース, ナタリー・ポートマン, 浅野忠信, トム・ヒドルストン, アンソニーホプキンス
北欧神話をもとにしたマーベルのアメコミの映画化。
この映画のキーとなるソーの武器も、神話の中ででてくるミョルニル、打ち砕くものという意味をもつ鎚。
楽しい映画である。ひねりはほとんどなく見ていて普通に進んでしまう。これがハリウッド映画的と言っていいのか。良いにつけも、悪いにつけても無難な映画。
ナタリー・ポートマンがこうした映画に出演しているのはどうしてかはわからないが、可愛らしい女性を演じている。Odin役は、アンソニー・ホプキンスなんだが、なんかもったいないような。いつものアンソニー・ホプキンスの怖い演技がない。

ナタリー・ポートマンのまとめは、 http://multimedinfo.sakura.ne.jp/ts_winebar/dreaming_on_clouds/movies/-natalie-portma.html

No Strings Attached 2011 抱きたいカンケイ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

No Strings Attached 2011 抱きたいカンケイ

監督: アイヴァン・ライトマン
出演: ナタリー・ポートマン, アシュトン・カッチャー, ケイリー・エルウィズ, ケヴィン・クライン

これは楽しい映画。セックスから始まった関係が次第に愛し合うように。ナタリー・ポートマンが可愛い女性を演じている。そしてその揺れる心も自然とした演技が素晴らしい。クローサーの時に演じた奔放な女性とは違い、ブラックスワンのナイーブな女性ではなく、しっかりとした忙しい女医を演じている。
アシュトン・カッチャーは、ラブコメによく出演している好青年。出演作品は、キス&キルや、べガスの恋に勝つルールなど。
ストーリは単純な話だが、ユーモアーにあふれて、見ていて見飽きない上等な恋愛映画になっている。Use each other for sex, at all hours of the day and night. Nothing else. と言う言葉は、待ってましたと反応するか、少しがっかりするか。でもナタリー・ポートマンから言われれば、おおおとなるよね。

Black Swan 2010 ブラック スワン

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

監督:ダレン・アロノフスキィ
主演:ナタリー・ポートマン、ミラ・クニス、ヴァンサン・カッセル

ナタリー・ポートマン アカデミー主演女優賞

ニナは、母の厳しい監視のもとで母と一緒に暮らしている。念願の白鳥の湖のプリマドンナに抜擢されたが、黒鳥の役が演じきれない。彼女は、いままでは良い子を演じていたが、自分の中に"黒い自我"が目覚め始めたことに必死に抵抗しながら、自分が得た役を必死に守ろうとする。新しくバレィ団に入った友人のリリィに、自分にないところに憧れるがまた憎悪する。遂にもう一人の自分が見え始め、ニナは、幻覚と現実が混在する世界の中に入って行く。

ナタリー・ポートマンの必要なカット(近接)がやや気にかかる。確かにこの映画のテーマは主役の自我の目覚め、心の変化、狂気であるが。
ナタリーのファンであるが、少し年齢を重ねた疲れも映像から感じてしまう。そして手持ちカメラで撮影した最初のシーンはややめまいも感じてしまう揺れがある。それも効果かもしれないが。

ナタリー・ポートマン Natalie Portman

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ナタリー・ポートマン Natalie Portman, 1981.6.9

レオンに出ていた時は、かわいい女の子。その後スターウォーズで出た時に美しい女優になっていた。いつの頃ファンになったのかは、どの作品だったのか覚えていない。

出演する映画は、スターウォーズ以外は、それほど予算がかかっていない映画で、自分の気に入った作品で自然な演技ができる役が選んでいる。

2010のブッラクスワンで、ついにアカデミー主演女優賞を取ってしまった。どんどんと大女優の道をまっしぐらだ。おめでとう!!徐々に演技に磨きがかかっているみたいだ。ブラックスワンか。なぜかナタリー・ポートマンは手作りの映画に出ていることが多い気がする。この映画もそれほどお金をかけた映画ではないようだ。

ナタリー・ポートマンのサイトhttp://www.natalieportman.com これは正式なサイトなのか知らないが。

1994 レオン Léon

この映画有名。ナタリー・ポートマンを知らなかった人もこの映画を見た人に、あの映画に出ていた女だよと言うと、あぁそうなんだとうなづく。この映画の、銃撃シーンはすごい迫力があった。そしてこの映画に挿入されていたスティングとドミニクの曲Shape Of My Heartも有名な曲である。

1995 ヒート Heat

1996 ビューティフル・ガールズ Beautiful Girls

1996 マーズ・アタック! Mars Attacks! コメントはこちら

1996 世界中がアイ・ラヴ・ユー Everyone Says I Love You

1999 スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス Star Wars Episode I: The Phantom Menace

レオン以来久しぶりにナタリー・ポートマンの存在に注目した作品。あの小さな女の子が、こんなに美しくなったなんてと、作品内容以外に驚いた。

1999 地上より何処かで Anywhere But Here

2000 あなたのために Where the Heart Is

2002 スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃 Star Wars Episode II: Attack of the Clones

2003 コールド マウンテン Cold Mountain

ニコール・キッドマンがメインの女優で確か主人公が戦場から帰る途中の民家の娘だったか?

2004 終わりで始まりの4日間 Garden State コメントはこちら

2004 クローサー Closer

奔放な現代的な女性を演じている。この作品のナタリー・ポートマンは素に近いかと思う。作品も大好きな部類に入る。

2005 スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 Star Wars Episode III: Revenge of the Sith

2005 フリー・ゾーン 〜明日が見える場所〜 Free Zone

2006 Vフォー・ヴェンデッタ V for Vendetta

ナタリー・ポートマンが好きなので見た作品。物語の設定は、やや理解し難かったが。アニメの映画化。

2006 パリ、ジュテーム Paris, je t'aime

2006 宮廷画家ゴヤは見た Goya's Ghosts コメントはこちら

2007 マイ・ブルーベリー・ナイツ My Blueberry Nights コメントはこちら

ノラ・ジョーンズが主演で、ギャンブラー役で出ている。これもオムニバス形式に近い映画。

2007 ダージリン急行 The Darjeeling Limited

2007 ホテル・シュヴァリエ Hotel Chevalier

2007 マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋 Mr. Magorium's Wonder Emporium

こども向けの魔法が一杯のおもちゃ屋で働き始める。そして自分もこどもたちに夢を与えることが好きになって行く。

2008 ブーリン家の姉妹 The Other Boleyn Girl コメントはこちら

ヘンリー8世とアン、メアリーのブーリン家の姉妹を描いた映画。

2009 ニューヨーク、アイラブユー New York, I Love You コメントはこちら

ニューヨークで起きる愛の物語をオムニバス形式で11人の監督が作っている。ナタリー・ポートマンはその中で、ユダヤのしきたりに従って頭を剃ってしまう花嫁を演じている。ちなみにナタリー・ポートマンはイスラエル出身。そして監督もしている。

2009 マイ・ブラザー Brothers

2009 Love and Other Impossible Pursuits 水曜日のエミリア コメントはこちら

2010 Hesher メタルヘッド コメントはこちら

2010 ブラック・スワン Black Swan 第83回アカデミー主演女優賞受賞 コメントはこちら

2011 Your Highness

2011 マイティ・ソー Thor コメントはこちら

2011 No Strings Attached 抱きたいカンケイ コメントはこちら

2013 Thor: The Dark World マイティ・ソー/ダーク・ワールド コメントはこちら