タグ「長澤まさみ」が付けられているもの

涙そうそう 2006

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

涙そうそう 映画 2006涙そうそう 2006

監督: 土井裕泰
出演: 妻夫木聡, 長澤まさみ, 麻生久美子, 塚本高史, 中村達也

これはかなり前に見た映画。本当に久しぶりに見た。
最後に泣けるのは確かである。うまく泣けるように作ってある。

歌謡曲、涙そうそう(作詞:森山良子・作曲:BEGIN)の歌詞をモチーフに映画化したもの。
BEGINから送られたデモテープのタイトルに書いてあった「涙そうそう」は沖縄の言葉で「涙がぽろぽろこぼれ落ちる」という意味であると聞き、森山が若くしてこの世を去った兄を想う歌詞をつけた。
のが涙そうそうができたきっかけ。
だからだろうが、兄、妹の話であり、最後に兄が死ぬ話。
最後に兄が死ぬあっけなさはあるんだが、人が死ぬってそんなもののような気がする。
ただ、洋太郎がやっぱりかわいそすぎる。妹のために、そして亡き母のタコライス屋をもう一度だす夢を叶えるために一生懸命働いてきて、詐欺にあって、最後は心筋炎で死んでしまう。
妹のことや恵子との関係はなんだか尻切れとんぼになってしまった。ここはもう少し煮詰めてもよかったかも。

あらためて見て、本当は洋太郎が死んでからの話が大事なんだなと思う。特に涙そうそうの歌詞と合わせるなら。
おばあがカオル言うように、女は愛した人の思い出をずっと大切にして、子供を産みそして歳をとるのである。と言うところがいいし
葬式に帰ったカオルの元に届く成人式の晴れ着は兄洋太郎が送ったのものだったのもいい。
そしてエンドロールの海辺を幼少の洋太郎とカオルが手を繋い歩いていて、カオルが「大きくなったらにーにー(洋太郎)と結婚したい」と言います。洋太郎は「きょうだいは結婚できん」答えます。
これもやっぱりい。
そしてこのころの長澤まさみは最高に可愛い。これを見るだけでも価値がある。この話は、洋太郎が死んだところから振り返るような展開か、映画にするよりもう少しドラマで話の展開を充実させた方が良かったかも。


主題歌:夏川りみ「涙そうそう」
挿入歌:BEGIN「三線の花」

連続ドラマW 東野圭吾 分身 2012

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

分身連続ドラマW 東野圭吾 分身 2012

監督: 永田琴
出演: 長澤まさみ, 勝地涼, 前田公輝, 上白石萌歌, 鈴木砂羽

氏家鞠子が中学生の頃に、彼女の母が父と自分に睡眠薬を飲ませて一家心中を図った。しかし父と自分は助かり母だけが死んだ。
彼女は幼い頃から、自分が父とも母とも似ていなくて、母が自分を愛していないんじゃないかと思っていた。
テレビに映った大学生のバンドのヴォーカルの女性が氏家鞠子とそっくりだったこと。そしてそれを見た政治家の伊原駿策が驚いた。そして物語が動き出す。
年の違う瓜二つの娘の秘密はなんなのか。

この話に隠された秘密は、母の自殺の原因と真相。二人がクローンであること。そして最大の秘密は、母の愛である。
氏家鞠子と小林双葉は、オリジナルである高城晶子と会う。彼女からは二人に対して侮辱に近い言葉しかしもらえなかった。
彼女たちの生い立ちを知れば、そこには、代理母となった小林志保や氏家静恵の子供に対する愛情があったのである。
そして落とし所は、オリジナルの高城晶子は子供の産めない体だったが、小林双葉は妊娠して子供がすくすく育っていることである。

クローンを扱ったミステリードラマとしては面白い。しかし残念ながら作者はあまりクローン技術を理解していない。卵子だけでは、クローンは作れない。
クローン作成法の標準となっているホノルル法は、1998年に若山照彦らは、細胞融合を行わず、卵子の核を除去した卵子に体細胞を直接注入することによりクローン個体を作製する技術である。
これを題材にしてこの小説はできていると思うんだが。高城晶子のコピーを作るには、彼女の卵子ではなくて体細胞があればいいのである。卵子は誰でもいいはず。つまり卵子から核を抜いて高城晶子の体細胞の体細胞を直接注入することである。
高城晶子の卵子だけでは、減数分裂しているので染色体は半分になっているの高城晶子のコピーは卵子一つからでは作れない。
そして氏家の妻に卵子を入れるにしても、かなり用意周到に行わななければいけない。つまり保存してあった卵子に高城晶子の完全な体細胞が入っている(または体細胞の核が入っている)のが条件である。
だからそうした処理後に凍結保存されていたのならその可能性はあるんだが。

それとどうして氏家鞠子や小林双葉の卵子が必要なのかわからない。伊原のクローンは免疫不全で死んでしまった。つまりクローンを作るには乗り越える障害がいっぱいあったのだろう。しかし氏家鞠子や小林双葉は健康に育っている。
科学的には考えられないのだが。高城晶子の卵子の細胞質が素晴らしくてクローンができやすいものだったと言うことだろうか。だから氏家鞠子や小林双葉の卵子が貴重であると言うことか。あまり現実的ではない。
まだまだ健全なクローン動物を作るには未知なものがたくさんある。
美味しそうなウニをたべて、クローン技術の逸話を話すところは面白かった。

あまり氏家鞠子や小林双葉の行動にはあまり緊張感がなくてすこしがっかり。もう少しスリルとサスペンスがあったほうがよかった。ただ、長澤まさみらしい演技で安心感があるドラマだった。
長澤まさみがバンド歌手として歌っているのもまたいい。意外と歌うまいね。

グッドモーニングショー 2016

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

グッドモーニングショーグッドモーニングショー 2016

監督、脚本: 君塚良一
出演: 中井貴一, 長澤まさみ, 志田未来, 時任三郎, 濱田岳,

悪くないコメディなんだが、しかし予定調和、ニュースキャスターは良心の塊みたいな設定でつまらない。
出演者は全て演技がこなれていて安定感がある。でも新しい驚きのようなものはない。まず澄田真吾がいい人すぎるからだろう。もう一つは彼は結局謝っていない。
演技でもいいから謝ればもう少し面白くなったかも。つまり主人公がコメディらしいキャラになっていない。最終的にはテレビ界の良心を代表しているような存在になっている。
そういう設定なので、話がはじけないし、どうしてもつまらない結末にしかならない。
惚れやすい勘違い女の小川圭子は、すこし現実離れしている。放送中に告白してしまうようなキャスターはいないだろう。
最後の展開も、既定路線すぎるか。視聴者投票でもっと生きて欲しいと結果がでたら、犯人が改心するとか反省するとかはあまり考えない方がいいかも。
逆に視聴者投票の結果をそのままだして、犯人がどうなるかをうまくストーリーとして作った方が面白い。
最初から、脚本の出来が悪いということだろう。



ラフ Rough 2006

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

rough2006.jpgラフ Rough 2006

監督: 大谷健太郎
原作: あだち充
出演: 長澤まさみ, 速水もこみち, 阿部力, 石田卓也, 高橋真唯

これもスポーツ漫画であり、あだち充原作の水泳の話。2005年のタッチの映画の次に再度長澤まさみを起用して作られた映画。
これも三角関係の物語である。これもどうしてヤマトを好きになったか、デートの部分がもっと描かれてたほうがいいかも、この二人は何か前からあるなと思わせる設定が欲しかった。後半でヤマトと亜美の関係がはっきりしてくるのだが、やや無理無理かな。あまりに幼少期の好きな気持ちが続くなんていうことあまりない。様々な出来事を経て、次第に惹かれ合っていくという経過が映画ではあまり描かれていない。そこが残念。

長澤まさみファンとしては、長澤まさみの水着姿が見えるのが嬉しい。それも競泳用よりもビキニがいいね。タッチよりもこっちの長澤まさみのほうが可愛い。どうしてだろう??演技はまだまだまだけど。
水泳の描き方はしっかりしているし、映像もタッチよりもずっと凝っていていい。

タッチ 2005

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

touch.jpgタッチ 2005

監督: 犬童一心
原作: あだち充
出演: 長澤まさみ, 斉藤祥太, 斉藤慶太, RIKIYA, 平塚真介

あだち充の懐かしい漫画の映画化である。
長澤まさみが世界の中心で、愛をさけぶで一躍有名になり、その人気でできた映画かな。
この漫画は当時読んでいたが、それほど好きになれず、流し読みだった。
カッちゃんが交通事故で死んでしまうのは、予想外の展開だったが、作者にとっては最初からの構想通りだったのだろう。この映画は、あの長い漫画を短縮して映画にしているので、断片的なエピソードだけだ。南のキスシーンはなるほど、これは大事な場面であるが。はっきりとタッちゃんが好きと言わせているなど。このストーリーの短さで南の心をはっきりとさせるのかと思ってしまう。
この映画はやっぱりダイジェスト的で完成度はやっぱり低いなと思ってしまう。確かに長澤まさみは可愛いのだが、脇を固める達也と和也が余り演技がうまくないのが残念である。
この映画では、タッちゃんのどこが良かったのだろうか?そこがわからん。僕にはその理由が欲しいのだが。女心はわからないと言っても、どこかで好きなった瞬間があったはずなのだが。 パンチがあまり可愛くないというか、演技が下手というか、うまく使っていないというか。残念。
どこか盛り上がらない。何かつまらない映画。

夏の高校野球の感じがあまりしない。
なぜ家族は応援に行かなかったのか。どうしてだったっけ??
なぜみなみは最初から応援していないのだろうか?
南のイメージは長澤まさみではないな。
どうしてマネージャーをやめったっけ?
なんか疑問がいっぱい出てきたが、もう一度漫画を読むのは辛いか

アイアムアヒーロー はじまりの日 2016

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

hajimariiamahero.jpgのサムネイル画像アイアムアヒーロー はじまりの日 2016

監督: 長江俊和
出演: 長澤まさみ、浅香航大、山崎紘菜、塩見大貴、酒井亮和、霧島れいか ほか

正直に言って残念な出来。
まったくのB級ホラー映画。どこも目新しいものがなく、主人公の小田つぐみは、ぎりぎりのところでなぜか噛みつかれない。どうしてこんな設定にしたのかわからない。病院内でのZQNの感染の隠蔽も全くもって意味不明。そして若い医師が隔離病棟を開けたのも全く動機が不明。
これは原作者が嘆くほどの、悲惨な出来である。
テレビカメラで撮影したモキュメンタリー形式をとっているのに、カメラが主人公に追従し過ぎでモキュメンタリーのリアリズムが全くない。主人公の機敏な動きについていけなくて、何が起こったのかを、観客に想像させるところがいいのに。
まったく映画作りのイロハも知らないような素人が作った作品である。
全く残念。

アイアムアヒーロー 2016

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Iamaheromove.jpgアイアムアヒーロー 2016

監督: 佐藤信介
出演: 大泉洋, 有村架純, 長澤まさみ, 吉沢悠, 岡田義徳

よくできたホラー映画になっている。
この映画は、富士山の近くの巨大モールから、鈴木が、小田つぐみと感染した比呂美を連れて逃げるところまでである。

鈴木英雄が、うだつのあがらない漫画家のアシスタントであるところは同じであるが、漫画と違うのは、意外とクールで、決断が早い。独り言は多いが、妄想が少ない。映画としてはこのほうが、ストーリーの展開が早くてみていて飽きさせない。漫画なら、その場面は飛ばして仕舞えばいいんだけど。そして比呂美と出会うきっかけだろう。漫画では富士の樹海で、闇夜で怖がっていた英雄を比呂美が見つけるのだが、タクシーで出来る時に偶然一緒になる。

大泉洋は、確かに鈴木英雄としはキャラがあっているが、すこしカッコよすぎるか。 有村架純の比呂美や、長澤まさみの小田つぐみはどちらも可愛すぎるが、映画としては二人のキャラもあまり深く突っ込まれていないのでこれくらいでいいか。

CGの使われ方は、かなりこなれてきて、人間がゾンビになっていくところもうまくできているし。特に、ショッピングモールの高跳びのゾンビはうまくできている。
なかなかよくできた、ホラー、パニック映画である。

海街diary 2015

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

海街diary 2015

監督: 是枝裕和
原作:吉田秋生
撮影:瀧本幹也
出演: 綾瀬はるか, 長澤まさみ, 夏帆, 広瀬すず, 加瀬亮,

ストーリーの展開は、この漫画を見ていないが、小さなエピソードが一つづつ繫がって、鎌倉の四季を美しく描きながら一つの映画となっている。4姉妹が非常に個性的であり、演じている彼女らの良さを素晴らしく引き出した作品である。いい映画である。
まず最初に4姉妹が美しく撮られていて素晴らしい。綾瀬はるかの落ち着いた演技もいいし、長澤まさみの弾けた笑顔もいい、夏帆の不思議な存在感もいい。特にすず役の広瀬すずの若い美しさは、他の3人の女優でもかなわないものがある。それに、サッカーは、映画ではあるが、あの身のこなしはかなり運動神経がよさそうだ。
以外と脇役を固めた、大竹しのぶ、樹木希林、リリー・フランキーは個性が強すぎて浮いているよう感じてしまった。
しらすご飯、アジフライなど食事対してもコメントが多くて楽しかった。

WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~ 2014

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~

監督: 矢口史靖
原作:三浦しをん
出演: 染谷将太, 長澤まさみ, 伊藤英明, 優香, 西田尚美


原作は、三浦しをんの神去なあなあ日常である。神去は、かむさりと読む。舞台が神去村(かむさりむら)である。なあなあは、ゆっくり行こうという意味だ。

三重県の中西部で奈良県との県境の近くにある村の設定。神去村はGoogleマップで調べると台北に行ってしまう。実際には今は津市に併合された美杉村

平野勇気は、高校を卒業したばかりで大学受験に失敗、彼女にも振らた。卒業式の後、ふと見つけたパンフレットの美人(長澤まさみ)に惹かれ1年間の林業研修プログラムに参加する。
元々やる気などなかったが、林業のよさに目覚めて行く。パンフレットのモデルの直紀とも知り合いになり徐々に神去村の生活になじんで行く。
山の中で迷子になった山根利郎の孫を助けたとことで、48年に一度行われる山の神事オオヤマヅミに参加することを許可される。そこで平野勇気はハプニングに巻き込まれる。


愉快な場面も一杯ある。村のバァーさんたちが外で麻雀をしているのも面白いし。マムシのお酒もでてくる。

染谷将太、伊藤英明が二人とも実際に木の上に登っているようで、景色もいいし、二人とも頑張っている感じがしてよかった。

深い森林の中にある幻想的な印象と、実際の林業もうまく描かれていていい映画である。全体的な展開もほのぼとのしていい。

平野勇気は、主役級と言うよりはバイプレイヤー的な味がいい。今回はそうしたところが、飯田与喜役の伊藤英明に寄り添いながらいい味を出している。直紀役の長澤まさみは、長澤まさみらしさを爆発させていたそこがいいと言う人もあるだろう。



潔く柔く 2013

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

潔く柔く 2013

監督: 新城毅彦
原作: いくえみ綾
出演: 長澤まさみ, 岡田将生, 波瑠, 中村 蒼, 古川雄輝, 池脇千鶴, 高良健吾

瀬戸カンナと赤沢禄が出会ったときから止まっていた時計が動き出した。
二人には、深い心の傷がある。二人とも過去に自分のせいで友人が事故で亡くなったと思っている。そして自分を幸せにできない自分がいるのである。二人のトラウマは、お互いが次第にそのトラウマを二人で乗り越えて行きながら、二人のつながりが深くなって行く。

長澤まさみのいいところがよく出ている映画。なにかカンナが恋に迷う表情や、困った表情が非常にうまく出ている。

最初は高校時代の瀬戸カンナが詳しく描かれていて、大人になっても三角関係が続くストーリーかと思ったが、意外な展開が起こる。
二人の壮絶な過去にしては、ゆっくりとした展開である。その中に二人のトラウマを徐々に癒して行く過程だからしかたがないのだが。二人以外のその後も本当は見たかったのだが、これは原作の漫画をみるしかないか。
最初は暗くなってしまうが、最後にほのぼのとした気持ちになる映画。

セーラー服と機関銃 長澤まさみ 2006

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

セーラー服と機関銃 2006

原作: 赤川次郎
出演: 長澤まさみ, 堤真一, 小泉今日子, 中尾明慶, 田口浩正, 山本龍二, 緒形拳

これは、薬師丸ひろ子の映画の印象が強いのだが、これを長澤まさみがリメイクのテレビ版をしたというところ。原田知世版のテレビドラマもあるが、これは見ていない。

僕は意外のこっちの方が好きなのかもしれない。星泉が普通の女の子から次第に組長としてのリーダーシップに目覚めて行き、そして淡い恋心も抱きながら大人の世界に入って行くところがうまく描けている。
長澤まさみの初々しさもやっぱり魅力の一つである。この映画のヒロインはこの初々しさがないとだめなんだろうな。
ちょっとストーリーにはかなりに無理なところがあるが。特に目高組のメンバーが死ぬ展開はあまりに現実的でなくつまらなくて見ていられない。
小泉今日子と緒形拳の存在については本当に必要なキャラだったか疑問なんだが。もう少しシンプルな登場人物の設定でも良かったかなと思う。

星泉として長澤まさみが歌う、セーラー服と機関銃を歌っているのだが、雰囲気があって確かにいい。

曲がれ!スプーン 2009

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

曲がれ!スプーン 2009

監督: 本広克行
出演: 長澤まさみ, 三宅弘城, 諏訪雅, 中川晴樹, 辻修

超常現象バラエティ番組のAD・桜井米(長澤まさみ)は、子供の頃からエスパーや超常現象を信じていた。番組企画でエスパー探しに全国行脚の旅に出る。
いろんなインチキエスパーに出会いながら、最後にカフェ・ド・念力たどり着く。ここで偽エスパーとあう約束していたのだが。
実はカフェ・ド・念力は、一年に一度本物エスパーがこっそりと集う会をしていた。そこに予想外の二人が現れたので本物のエスパーたちは右往左往してしまう。
喫茶店のマスターの早乙女が本当は、大事な鍵を握るんだが、それは最後にわかる。

コメディとして苦笑しながら見てしまうのだが、それなりに面白い。長澤まさみは実際は個性的な女優ではないから、こうした映画に出てもなにかうまく自分の味がだせないのではないだろうか。演技としては平凡でほかの役者さんの中にうまくとけ込めるほどの面白さがでていない。これは物語の中に良さはあるが、全体それを生かすためのひねりが足りない。

ボクたちの交換日記 2013

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ボクたちの交換日記 2013

監督: 内村光良
出演: 伊藤淳史, 小出恵介, 長澤まさみ, 木村文乃, 川口春奈

すなおに見てよかったと思わせる映画。ウッチャンこと内村光良監督はやはりお笑いのプロだし、チャップリンの映画に必須なペーソスのテイストがちゃんと入っているのである。
田中(伊藤淳史)と甲本(小出恵介)のコンピがいい。そしてこの映画のテーマの交換日記が本当にいい味を出している。長年コンビを組んできたが売れない芸人二人が日記を通じてお互いの本音を言い合うことであたらし展開が生まれて行く。
芸人ならでは、交換日記の中にある言葉の掛け合いに、見ているものは魅了されて行き、そして物語の最後にある二人の友情に感動する。
伊藤淳史は、田中を演じて、本領発揮というところ。 長澤まさみがこの映画に出る必然性はあまりないだろうが、ウッチャンが好きだったんだろう。

そのときは彼によろしく 2007

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

そのときは彼によろしく 2007

原作: 市川拓司 監督: 平川雄一朗
出演: 長澤まさみ, 山田孝之, 塚本高史, 深澤嵐, 桑代貴明, 国仲涼子, 北川景子, 小日向文世

長澤まさみの魅力があふれた映画である。山田孝之はこうした抑えた悩みを抱えた演技が彼の持ち味だろうと思ってしまう。少女時代の滝川花梨を演じている黒田凛も存在感のあるしっかりした演技をしている。

水槽の中の水草がすごくきれいなこと、佑司が描く絵も本当に画家が描いたように素晴らしい。花梨が大事にしているプリズムも映画の小道具としてうまく使われている。

子供の頃の初恋がせつないほど伝わってくる。花梨・智史・佑司の三人で遊んだ池の近くにある廃バスは、3人の秘密の遊び場なんだろう。
それにしても昔の初恋の人を見てもすぐに気づかない智史はすこし鈍いんじゃないのとも思ってしまうが。その後の花梨のすれ違いも彼らしいのだが。

眠ってしまう病気があるんだが、現実にはこんな病気はないと思うけどそれでも映画のストーリーに引き込まれてくる。美咲と智史の関係はすこし、映画の中では唐突で不自然でなところがあるんだが。

題名のそのときは彼によろしくの意味は物語の最後でわかる。そういえば、オニバスの種はどうなったんだろう。

屋上のあるアパート 2011 TBSパナソニックドラマスペシャル 

原作: 阿川佐和子
監督: 吉田秋生
出演: 長澤まさみ, 坂井真紀, 吉田栄作, 芦名星, 加藤晴彦, 内田朝陽, 原日出子, 近藤芳正, 秋野暢子,

阿川佐和子原作で、なんとなく本人がモデルになっているなと思ってしまう人物描写である。
麻子はなんとなく周りの人に流されるタイプで、自分の本当にやりたいことや好きな人が見つけれないでいた。一人暮らしをきっかけにそのアパートのいろんな住人や友達、そして会社の同僚や社長から刺激を受けて次第に自分をみつける。映画の冒頭は隣の家の屋根に行き場がなくなった猫をみて、どうするんだろうと心配になる麻子。一人暮らしをするアパートの屋上はみんながパーティーをしたりくつろぐことのできる場所。

自分のイメージは犬派か猫派かと聞かれると犬派と言っていた麻子は、最後に友達からはあなたは猫派だよといわれる。最後に、隣の家の屋根に再び猫がでてきて、屋根を駆け上って行く。
この猫は麻子のイメージを重ねたものだったのが最後にわかる。

なんとなく物語は流れて行き、それほど強く観客を引っ張る訳ではないが、出てくるキャラクターが面白く引っ張られて見てしまう。最後の麻子の決断はこの物語の必然的結末にたどり着く。
テレビドラマとしてはやや長め、映画としては盛り上がりに欠ける部分もあり、家で暇なときにレンタルで見るのに適したドラマだ。

長澤まさみは無難に役柄をこなしている。まだまだ平凡に見える演技もあるがこの映画はそうした力の抜けた演技がいいのかもしれない。

モテキ 2011

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

監督: 大根仁
出演: 森山未來, 長澤まさみ, 麻生久美子, 仲里依紗, 真木よう子

最初の御神輿に乗った森山未來や踊っている三人の映像が素晴らしい。わくわく感いっぱいになる。森山未來のださい藤本幸世の雰囲気がよく出ていて好感がもてる。長澤まさみはやっぱり可愛い。最近は自然体で演技ができている。
原作を読んでいないのだが、ストーリが理解できて、全体のながれも自然である。結末はやや単純ではあるが共感できるし、最後に爽やかさも残る。

岳 -ガク- 2011

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

岳 2011
監督: 片山 修
出演: 小栗 旬, 長澤まさみ

この映画のよいところは、まず風景。冬山の景色が素晴らしい。こんなに美しい景色が見られるなら自分も登ってみたい。そして、ストーリーの展開のスピード感がよい。雪崩のシーンも、クレパスのシーンもリアリティがあって良かった。ただ、俳優の遭難時のメイクはあまり上手とは言えない。なんか下手なお化けの化粧みたいである。
確かに描き方は、やや子供っぽいが、観客には十分に訴える力がある。小栗 旬は、うまく三歩を演じている。長澤まさみもこの役にはまっているかは別にして、頑張っている。佐々木蔵之介もややオヴァーぎみの演技だがそれはそれでよい。
素直に見て楽しい映画である。