タグ「藤村志保」が付けられているもの

破戒 1962

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

破戒 1962

監督: 市川崑
脚本: 和田夏十
撮影: 宮川一夫
出演: 市川雷蔵, 長門裕之, 船越英二, 藤村志保, 三國連太郎

この島崎藤村原作の破壊は、以前から読もうと思っていた小説の一つである。しかし部落差別問題を描いた小説として有名だったが、なんだか内容が暗そうで避けていた。市川雷蔵と市川崑のコンビの映画があるというので、これ幸いに原作を読まず映画を見ておこうという魂胆で見た。

非常に緊張感のあるシーンの連続である。そして観客はそのシーンに見入ってしまう。どこを取っても飽きさせない設定なのである。原作とこの破壊の展開は大きく違うのであるが、藤村が描いた明治三十年代当時と、戦後日本の映画とではこれほど違うものができるのだと実感できるだろう。

原作とは違うストーリーの展開である。映画では、主人公の瀬川丑松は、部落民の子であるが、父から部落民であることを隠して生きろと言われ、自分の出身を隠して小学校教諭となった。そして部落出身の猪子蓮太郎の書を愛読していた。しかし猪子蓮太郎が、自分の前に現れ、彼に協力を求めたが、自分が部落民であることを否定し、その誘いを拒絶する。猪子蓮太郎が倒れた後、彼は意を決して、自分が部落出身であることを生徒たちに告白して謝罪する。そして学校辞職し、猪子蓮太郎の後を継ぐ決心をし東京に向かう。

藤村志保は、この映画がデビューで、原作者と役名から芸名をつけた。
市川雷蔵のファンだから仕方がないかもしれないが、彼のこうした地味な瀬川丑松という役柄の演技も非常にいい。そして猪子の妻を演じる岸田今日子や、藤村志保の凜とした演技に感動してしまう。

また脚本の和田夏十と市川崑が作り上げ、猪子蓮太郎の妻に言わせる言葉がいい。
部落出だからというせいにしないで、つらい事も普通どおりに受けとっていただきたいの。生きるということはそりゃ苦しい事も多いと観念していただきたいの。
現実は、1962年当時はそうはいかなかっただろう。もっと実際部落出だからと血がにじむような苦しみがあったと思われるが。しかし世の中は傑出した個人によって変わるのではない。次第に世の中が自然に変わって問題が無くなっていくのだ。とその当時の言葉通りに問題は、今では本当に無くなっているのだろうか。
今でも、その場所を通るとここに住んでいる人たちは、という話を最近聞いたばかりである。

新撰組始末記 1963

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

新撰組始末記 1963

監督: 三隅研次
出演: 市川雷蔵, 若山富三郎, 天知茂, 松本錦四郎, 藤村志保,

いつも新撰組の展開ではないが、話は面白い。そして市川雷蔵らしい役回りである。いつも歴史の中心にいる人物ではなくその傍らで儚く散っていく、またはニヒルに活躍する人物が似合うのである。

浪人の山崎蒸は、近藤勇に惚れ込み、高潔な精神を持って新撰組に入る。ところが、局長の芹沢は粗暴な振る舞いが多くただの暴徒の群れであった。その後土方らの芹沢暗殺など、新撰組の内部抗争を見て、自分が描いてた理想が崩れ始める。
そして彼の純粋さを危険視していた土方、沖田らの陰謀に落ちて公儀の役人を切ってしまう。近藤は切腹の代わりに勤皇方の探索を命じられる。
原作が子母沢 寛の新選組始末記である。これはノンフィクション的であり、生き残りの新撰組や壬生の屯所の住人からの話などリアリティがあるのである。この映画も近藤勇たちの新撰組の立場で書かれたものでないところがいいのである。
市川雷蔵も若さが目立つのだが、藤村志保の初々しさが眩しい。

そういえば天知茂の土方歳三もいいのだが、昔の新撰組の映画を見ると思い出すのは栗塚旭である。僕には新撰組の土方歳三といえば、栗塚旭の土方歳三である。新選組血風録1965, 燃えよ剣1966でも栗塚旭が土方歳三を演じて、その後も新撰組1973のテレビシリーズでもそうだった。

大殺陣 雄呂血 1966

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

大殺陣 雄呂血 1966

監督: 田中徳三
出演: 市川雷蔵, 八千草薫, 藤村志保, 中谷一郎, 藤岡琢也

これはまた大映映画のなかでは、最後の結末の趣が違う。そこがまたいい。予想とは違った展開である。暗い世界のなかでなにか吹っきれたような印象を与える。これから二人は一体どうなるんだろうと考えてしまう。

大殺陣と題名があるように最後、何人を斬ったのだろうか。この殺陣は、斬って斬りまくるタイプで、どちらかと言えば雷蔵には不得手ではなかったか。実際に腰が入っていない切り方を批判されるのだが、雷蔵には、一瞬の刀の舞が似合う。ここに美しさを感じてしまう。この斬りまくる殺陣は、当然リアルであるわけがないから、逆にリアルな殺陣がいい。ここに雷蔵の殺陣には、すこし不満が残ってしまった。
あとは始めから最後まで気を抜けるシーンがなかったのが辛かった。最後まで緊張感の連続で、もうすこし八千草薫や藤村志保とのほっとするシーンや、信頼できる人との心のつながりがあるシーンがあると良かったのだが。

市川雷蔵の映画 the world of Raizo Ichikawa

続忍びの者 1963

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

監督: 山本薩夫
出演: 市川雷蔵, 山村聰, 藤村志保, 坪内ミキ子,東野英治郎,

残念ながら前作の最後のような忍術をテーマにしていない。時代の流れに逆らうがごとく、権力者の暗殺を試みる忍者の姿が描かれている。村山知義ガ原作なのだが、この作品がどこまで原作に忠実にえがかれているかわからない。ただ、その後の霧隠才蔵もこの路線になっている。
明智光秀の本能寺の変、山崎の戦いなどが描かれていて見所が多いのだが、逆に五右衛門の活躍は??確かに、織田信長を我が子の仇として討つのだが。

石川五右衛門がこの雑賀衆のなかにいて、織田信長を討った後すぐに秀吉に攻められるのは少し史実と異なる。1582年に本能寺の変、1585年に雑賀衆が壊滅する。
雑賀衆は紀伊国北西部にいた土豪の集団である。16世紀当時としては非常に多い数千丁単位の数の鉄砲で武装しており、きわめて高い軍事力を持って傭兵集団としても活躍した。又海運や貿易も営んでいた。

この作品でも、五右衛門の妻マキを演じる藤村志保が初々しい。
坪内ミキ子が、蘭丸から情報をえるくの一タマメを演じている。このくノ一が蘭丸とともに死ぬのはその悲しさが描かれていていいのだが。もう少し前半に任務と愛情の葛藤が描かれていると良いのだが。織田信長を若山富三郎、羽柴秀吉に東野英治郎、明智光秀に山村聰と後でTVなどでも活躍した俳優が一杯出ている。

この映画の物足りなさとしては、実際には、大泥棒としての石川五右衛門をもっと描いて欲しかった。そして忍者映画としての要素をもっと入れて欲しかった。確かに忍者の定義にも寄るのだが、この映画シリーズ、忍びの者こそ忍者映画の元祖でもあると思うのだが。戦略よりもっと忍法の方にもテーマが入っていた方が良かった。

市川雷蔵の映画 the world of Raizo Ichikawa

忍びの者 1962

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

原作: 村山 知義
監督: 山本薩夫
出演: 市川雷蔵, 藤村志保, 伊藤雄之助

忍びの者は、村山知義の歴史・時代小説。戦国時代を舞台に、権力者たちに利用される下忍たちの悲哀と反抗を描いた作品。赤旗の日曜版に連載されいた。この忍者の物語はどこか白土三平のカムイ伝に似ている所があると思う。権力者に虐げられた人々が、忍者と言う世界で強く生きているところであるかもしれない。
ただ、この忍びの者は、後に権力者に体する強い憎悪が中心で展開し、そこが次第に空回りして人気を落とすことになったのではないかと思う。

この映画をみて、これは以前に見たことがあるのは間違いない。そしてこの映画だったのかと実感した。このようなことは過去にも何度もあった。特に小学生の頃に見た映画で題名は覚えていないが、断片的なストーリーやシーンが非常に印象に残った場合である。
今回は、最後に明かされる百地三太夫と藤林長門守が同一人物であったこと。そーだったのかと驚いたし、子供だったけどすごく感心したに違いない。石川五右衛門が主人公であったことでほとんど記憶にない、おそらく当時は石川五右衛門などしらなかったのだろう。この石川五右衛門は、後半のシリーズの霧隠才蔵と違って、女にだらしない。そう言った所がキャラクターとして親しみやすい。
伊藤雄之助が演じる百地三太夫と藤林長門守が本当にすごい。こういうのが本当の忍者なんだと思った。逆に雷蔵が演じる石川五右衛門は、腕は達者だが、まだまだ若く経験も未熟な忍者と言う印象。雷蔵も本当にこの当時は若かった。
この映画のクライマックスは、第二次天正伊賀の乱を描いている。これは史実に基づいているころを知ったのはずっと後のことである。
忍者とものとしては、隠密剣士とワタリにつづいてこの映画を見たのではないかと思う。有名な忍術がたくさん出てくる。今では本当に懐かしい。

忍びの者 新・霧隠才蔵 1966

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
忍びの者 新・霧隠才蔵 1966
監督: 森一生
出演: 市川雷蔵, 藤村志保, 田村高廣, 楠侑子
シリーズ7作目。
伊賀のくの一、あかねに藤村志保が、風魔一族の頭領風魔大十郎に田村高廣が出演。
今回はシリーズ6作の霧隠才蔵の子供の才助の話ではなく、また元の霧隠才蔵の話になっている。大阪夏の陣が終わり、駿府に乗り込んだ伊賀忍者。徳川家康の暗殺を企てる。そして徳川が雇った風魔一族と伊賀忍者の生き残りとの戦いになる。
風魔一族との戦いで徐々に伊賀忍者の生き残りは死んで行くことになる。徳川家康は結局は病死する。最後に箱根にある風魔の要塞に一人で戦いを挑む。いろいろな風魔の攻撃に対して、見ていて生温いんだが、すべてを破って最後に首領である風魔大十郎を倒す。最初からそうしていれば、みんな死ななかったのにと言う感じはあるのだが。
今回の映画は、かなり忍法として工夫がしてあり面白さがある。ただ、霧隠才蔵が強すぎるのだが。
ストーリーの単純さ、どんでん返しのような心理戦が少なすぎる。そして霧隠才蔵の存在意義が全くわからない。徐々にこのシリーズの人気が落ちてきているのがわかる。

眠狂四郎悪女狩り 1969

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

監督:池広一夫、脚本:高岩肇、宮川一郎、音楽:渡辺岳夫
出演:市川雷蔵、藤村志保、江原真二郎、久保菜穂子、松尾嘉代、小池朝雄、朝丘雪路、他

眠狂四郎シリーズ第12作目、市川雷蔵の遺作になる。池広一夫監督では第3作目、脚本を手がけた高岩肇も三作目である。前作の脚本の星川清司が8作を担当して、その次に多い。池広一夫は、円月殺法のシーンで初めてストロボ撮影で残像の効果を使った監督でもある。
大奥総取締の錦小路を演じている久保菜穂子は、池広一夫監督の時にはいつも出演している。この作品では、ひときわその怪しい魅力が光っている。朝丘雪路もちょっと出ているのだが、あまりストーリとは関係しない。藤村志保の小夜役もあまり重要な役ではない気がする。眠狂四郎のシリーズを通して眠狂四郎と藤村志保の役でのからみは全くない。どうしてだろう。
とりわけ、眠狂四郎が館に誘われるシーンはこの映画の中でも異色なシーンである。市川雷蔵が死期を悟り、どうしても入れたかったシーンらしい。眠狂四郎の周りを踊る白と黒色の烏に扮した人々。これは、雷蔵の死期が近いことを暗示したシーンなのだろう。鏡に映った己の姿を斬り、後ろに隠れていたくの一を殺すのだが、これも雷蔵の死を意味しているようにも取れる。
今回のテーマはもう一人の眠狂四郎を斬り、己が唯一の眠狂四郎であることを主張する映画である。最初は、眠狂四郎が二人いてはならんという定めはない。と言っていたが、最後に狂四郎は"今まで、眠狂四郎は何人いようと構わぬと思っていたが、その了見が変わった。狂四郎は一人でなければならん。"と言っている。雷蔵の眠狂四郎に対する強い愛着を感じるし、なにか遺言のようでもある。

眠狂四郎無頼剣 1966

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:


監督:三隅研次、脚本:伊藤大輔、音楽:伊福部昭
出演:市川雷蔵、天知茂、藤村志保、工藤堅太郎、島田竜三、遠藤辰雄、他

今回は脚本がいつもの星川清司より伊藤大輔に変わった。そのせいで、かなり妖艶な雰囲気も、狂四郎のニヒルな部分が消えている。ただ、ストーリなどはしっかりとしていて眠狂四郎シリーズのなかでは大好きな映画の一つである。
お色気もどんどん減ってきているが、勝美役の藤村志保は安定した良さがある、藤村志保は第二作で出演したときより、大人になっている。僕には見覚えのある風貌である。
油問屋弥彦屋の次女の歌がすごくいい。
うしろのせ
うしろのせ おんさのせ
おんさかさかさか おさかでどん 
よつやでどん
よつや あかさか こうじまち

また愛染が歌う
ひとめふため 羽子突唄
ひとめふため みやこしよめご
いつやのむさし ななやのやつし ここのやとおうや

そして後半部の
亥の子石の歌を歌いながら平たく丸い石に繋いだ縄を引き、石を上下させて地面を搗くシーンが印象的である。
こうしたシーンが入るのも眠狂四郎のシリーズで大変珍しい。

白い着物姿の愛染天地茂)と黒い着物の眠狂四郎、ふたりとも円月殺法を使う。この対比が最後の屋根の上での対決に生きてい来る。バックは江戸の火事である。最後のの愛染と殺陣だが、今までの映画の眠狂四郎の殺陣に比べてかなり迫力がある。前回の映画でも再度円月殺法と円月殺法の戦いなんだが、相手は簡単に斬られてくれない。そこがいいね。
天地茂も大映の俳優だったんだ。この人もテレビの方で知っているんだが。
今回のストーリで、狂四郎と大塩格之助が似ていることはたびたび出ているんだが、それほど重要な要素になっていない。どちらでも良かったかと思ってしまう。

この映画は、いつもの狂四郎の妖艶さがないのだが、全体的な構成、昔ながらわらべ歌の挿入、そして劇的なもりあげかたなどかなりレベルが高い映画である。

眠狂四郎女妖剣 1964

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

監督:池広一夫、脚本:星川清司、音楽:斎藤一郎
出演:市川雷蔵、藤村志保、久保菜穂子、城健三朗、春川ますみ、根岸明美、毛利郁子、他

この映画で初めて円月殺法は剣の残像が見えるような趣向が初めてなされた。これはストロボ撮影で行われた。池広一夫監督が藤村志保をくどいてヌードシーンを撮った。でもほとんど見せていないけど。徐々に殺陣よりもエロティックなシーンに重要度が移ってきた感じがこの作品からしだすのだが。

確かにこの映画ではエロティックで、SM的なシーンが多い。まずは、風呂からでた菊姫の裸の後ろ姿。そして大奥の女中を殺すシーンが印象的である。菊姫と女中の影が壁に映り、もう一人の女中が壁に立っていて、二人の女中が同時に息絶える。
前作から眠狂四郎は、女を犯すようになるが、映像と言うよりは言葉で犯しているような感じである。もう一つ気になるシーンは前作からだろうが、他人のセックスシーンを狂四郎は好んで見ているような所がある。

狂四郎が転びバテレンを馬上から斬る。狂四郎がなぜ転びバテレンを殺したかだが。それは次第に明らかになる。狂四郎の生まれに関わる謎が明らかになる逸話がある。これにびるぜん志摩が関係しているのだが、そこまで話が進むと、どうして転びバテレンを殺したかやっと納得できる。

春川ますみが悪女役で出てくるが、僕が見ているのは優しいふくよかな母親役の役柄しか覚えていないから面白い。
最後に現れる菊姫の顔のメークは今見ればそれほど怖くないのだが。これはもうすこし照明を工夫すればリアルに見えたかもしれない。
陳孫と少林寺の戦いはあまり緊張感がないのが残念。最後にびるぜん志摩を斬る。この悪女を最後に斬るパターンはその後も続くようになる。

眠狂四郎勝負 1964

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

監督:三隅研次、脚本:星川清司、音楽:斎藤一郎
出演:市川雷蔵、藤村志保、高田美和、久保菜穂子、加藤嘉、須賀不二男

この映画も見たことがあるのを覚えている。円月殺法に挑んで行く武士たちがどんどん倒されて行くのが小気味よい。

市川雷蔵の眠狂四郎の第二作、それも三隅研次監督である。
今回のストーリはシンプルでわかりやすい。また2回目であるのに円月殺法の弱点を突くように5人の侍が眠狂四郎にむかって行く。一人は、円月殺法で、両手が顔の前に来た時に攻撃し、一人は、円が回りきってから攻撃、そしてもう一人は構える前に攻撃といろいろ工夫している。だが、当然ながらことごとく眠狂四郎の前に倒れて行く。
朝比奈勘定奉行を演じる加藤嘉,がすごくいい味を出している。眠狂四郎もこうした素朴で人情に厚い武士には惚れてしまうんだろう。朝比奈勘定奉行がいることで暗くなりがちな眠狂四郎の映画に清々しさを与えている。

眠狂四郎の心を引く女性は、どこか生い立ちに影を背負った薄幸の女性が多い。藤村志保が演じる采女も異人の妻であり夫が捕らえられて脅されていること、眠狂四郎がそのキリシタンに会っていることなど運命は複雑に絡み合っている。藤村志保が若く少しふっくらした幼い顔つきがいい。敵である采女が次第に眠狂四郎が好きになり、狂四郎の危機に思わず助けてしまう所もシリーズの中で変わらないエピソードである。
家斉の息女高姫を演じる久保菜穂子も懐かしい女優である。高田美和が演じる素朴で純真な娘も時代劇としては欠かせないキャラクターである

映画では、本当に狂四郎と叫ぶシーンが多い。それは女性だったり友人だったり。最後のシーンの朝比奈が狂四郎を呼ぶシーンもなかなかいい。

斬る 1962 KIRU

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

原作:柴田錬三郎
監督 三隅研次
撮影:本多省三
出演 市川雷蔵、藤村志保、渚まゆみ

三隅研次監督と市川雷蔵による剣三部作の第1作。三隅研次監督が目指す映像美を楽しむことが出来る。
最初のプロローグの藤村志保が覚悟した顔つきで登場するところから始まるシーンがすばらし。横から上から下からとカメラワークが変わる。静かに歩く足が映し出され、廊下が鏡のように足元の着物を映す。ふすまを開けるときの足の運びのためらいが素晴らしい。藤子を演じる藤村志保の顔の表情がポイントである。それに続く処刑シーンも幻想的で美しい。藤村志保の顔も死でいくのに笑顔すら見せ平穏で満足した顔つきで処刑をうける。
この映画には、すこし眠り狂四郎の雰囲気がある。やはり柴田錬三郎が原作者だからだろう。
川辺での決闘シーンでは、大胆に人間が真二つになる。これにはあの時代にしては大胆な演出だと思ってしまう。
高倉信吾には、三人の父と三人の女性がいる。一人は養父高倉信右衛門、そして実父、最後に大目付である。そして三人の女性が。母、妹そして田所左代。
お茶をする時に、じっと茶器に見入る高倉信吾の無邪気な姿がよい。うぐいすの泣き声があり、梅の小枝をとり最後に邪剣三弦の構えを出すこの対比がいい。
最後のシーンでは、高倉信吾は切腹していない。切腹をする前に見た母そして弟を守って死んだ田所左代の姿を思い倒れ込む。彼の切っ先に血糊はない。僕はここで死んでいないと思いたいんだが。公式にはやはりここで自害していることになっている。この話には本当は続きがあるといいな思う。高倉信吾は、今までの剣シリーズの主人公と違って、思い込んだ雰囲気がなくどこかにゆとりがあり生きている。眠り狂四郎と違う雰囲気がありこれもシリーズ化して欲しかった。

Daimajin ikaru 1966 大魔神怒る

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

監督: 三隅研次
出演: 本郷功次郎, 藤村志保, 丸井太郎, 内田朝雄, 橋本力

前回とまた違う場所で、埴輪のような銅像が湖の島に祀ってある。設定はまた戦国時代だ。俳優も監督も違うが、やっぱり子供も重要な役割を持っている。監督は、座頭一、眠り狂四郎、子連れ狼の三隅研次だからすごい。
鐘の音が印象的である。映画の最初と最後に、大魔神の祀ってあった神島の鐘が鳴るのである。
今回は、なんかキリスト教的な影響が随所に見れる。十字架のはりつけ、湖の水が二つに割れるところは、モーゼの十戒である。女性の涙に弱く、それによって動くところは、ややキングコング的でもある。
暗闇で目が光るはすごい。やっぱりあの頃は本当に怖かった。湖が割れて大魔神が歩くシーンは、十戒ができたが、1956だったが、日本映画もこれくらいの特撮ができるようになったと10年後にやってみたと言う感じか。

今回連続して2作を見てみると前作との共通点があるのに気づいた。
1.大魔神の像に危害を加える。
2.女性の涙に弱い
3.悪役がやれる時は、目には目をという手法を使っている。
4. 最後に大魔神が霧のように消えること