タグ「手塚治虫」が付けられているもの

火の鳥 太陽編 手塚治虫 1986 - 1988

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

hinotoritaiyo.jpg火の鳥 太陽編 手塚治虫 1986 - 1988

7世紀と21世紀(2009年)の2つの時代を交互に描いた物語。
主人公のハリマは百済の王族の血族であったが、白村江の戦いで敗れ、顔の皮を剥がされ、その上に狼の顔を被せられた。占い師のオババの助けで、・阿部比羅夫と共に倭(日本)に渡る。
ハリマは倭(日本)では犬上宿禰(いぬがみのすくね)と名乗り、狗族の少女マリモとの出会う。マリモは、ハリマを慕い彼の後を追う。やがて、中大兄皇子と大海人皇子の争い、壬申の乱に巻き込まれていく。
そこには、狗族などのもともと日本にあった八百万の神を崇めるひとびとと中国から渡来した仏教の神々の戦いも起きた。

一方、21世紀では、火の鳥を崇拝する宗教団体"光"一族と、追放され地下に潜ったシャドーの民との戦いがあり、スグルはシャドーのテロリストとして冷酷な人殺しを繰り返していた。スグルは、神の身体である火の鳥を破壊する作戦に参加するが、失敗して光のメンバーになるための洗脳施設に送られる。そこで狼の頭に似た洗脳用のヘルメットを被せられた。そこでヨドミに出会う。

スグル、ヨドミは、ハリマとマリモの生まれ変わりだった。スグルは死に、ヨドミ不老不死になったが自分の前世気づき狐に戻りスグルに出会う。そして二人は別の世界に行く。

壬申の乱の話は面白い。ここを題材にした話はあまりないので。それに、狗族や他の日本の古来の神々と仏教の神々が戦うの斬新なアイデアである。
太陽崇拝と火の鳥を絡めて、天武天皇が倭を日本と名付けて、天照大神を祖とすることきっかけになっていると描いているのも面白い。
火の鳥は今回はなぜか、ハリマの味方で優しい。どうしてだろう。罪も十分あるはずなのに。味方になったり、罰っしたり、火の鳥は本当に気ままである。


天智天皇
中大兄皇子は乙巳の変後、大化の改新を行った。百済が660年に唐・新羅に滅ぼされたため、朝廷に滞在していた百済王子・扶余豊璋を送り返し、百済復興を図った。
天智天皇になり、663年に白村江の戦いで大敗を喫した後、667年に近江大津宮へ遷都した。仏教の布教については詳しく書かれていない。

壬申の乱後
壬申の乱終わり天武天皇が、神道も仏教もそして道教も国家の治安のために日本全国に普及支えた。彼は、天照大神を祖とする天皇家との関係をもとに古代の国家神道を形成させ、天皇を称号とし、日本を国号とした最初の天皇となる。

火の鳥 異形編 手塚治虫 1981

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

hinotoriseimei.jpg火の鳥 異形編 手塚治虫 1981

戦国の世(室町時代)。主人公の左近介は本来は女であったが、幼少の頃より父に男として暴力をもって育てられた。その左近介の父は応仁の乱の功績で名をあげた残虐非道の男であり、左近介は、父が病気になった時にそのまま死んで欲しいと願った。そして父が病気を治してくれた頼む八百比丘尼を殺しに行く。

人魚伝説は、火の鳥の話と同じように人魚の肉を食べたものは不老不死の力を授かるという話。その中にでてくるのが八百比丘尼である。手塚はやはりこの話を知っていて、いつかは火の鳥に取り上げなくてはいけないと考えていたんだろう。
ただ、火の鳥の生き血を飲んで永遠の命を得たでは、ただの焼き直しだから、いろいろ構想を練ったのだろう。

左近介は、父が助からないように比丘尼を殺した。しかしそれが罪深きものだったのだろうか?結局殺したの相手は自分なのであるから。火の鳥の因果応報を説く説得力はない。僕は、彼女がもっと罪深きものとして描いて欲しかった。そこが残念である。火の鳥はいつも狂言回しの存在であるが。今回は左近介の運命を説いているだけである。

八百比丘尼:少女が漁師である父親が獲った人魚の肉をそれと知らずに食べてしまったことで、「不死」という逃れられない運命に囚われることになる

人魚伝説は高橋留美子の人魚シリーズを思い出す。
タイムスリップして自分を殺すのは、Predestination プリデスティネーション 2014を連想させる。つまりタイプスリップして自分が自分を殺すのである。
この話では、これが永遠に続くとなっているがそうなのだろうか。ただ別次元の世界で、時間も超越した世界になっている。ただ、これは輪廻である。転生はしていないと思うんだが。そうなれば、彼女が生まれて育って、年老いて自分に殺される限られた時間の一部でしかないはずなのだが。

火の鳥 生命編 手塚治虫 1980

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

hinotoriseimei.jpg火の鳥 生命編 手塚治虫 1980

クローンの話が中心。これは因果応報を中心に描かれている。テレビプロデューサー青居はクローン人間を使った殺人番組を考案する。そして人間のクローンを作るようにアンデスの山奥の研究所に行くのだが。自分のクローンができて、クローンが狩りの標的になる。最後に青居は、自爆してクローン工場を破壊する。
今回も火の鳥は狂言回しで、青居に罰を与えて最後に彼の死で自分の間違えを正させる。
これも昔に読んでいるが印象に残らない。手塚治虫の短編集の一つのような気がしてしまう。
クローンというのはこの時代非常に新しい考えだった。そして最後に生き残った青居が元の本人だったのかクローンだったのかはわからない設定になっているところが面白い。

火の鳥 乱世編 手塚治虫 マンガ少年編 1978- 1980

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

hinotoriranse.jpg火の鳥 乱世編 手塚治虫 マンガ少年編 1978- 1980

手塚治虫の代表的な作品の火の鳥である。この乱世編は読んでいたと思うがあまりに記憶にない。それで読んでみたが、なるほど記憶に残らない作品だったのだと改めて思った。

残念ながらこれは手塚の駄作の一つだろう。ただの清盛と義経の話の手塚版でしかない。
まずプロットが悪すぎである。火の鳥の血を飲むと不死身になれる。そのために平安時代の源氏と平氏の戦い、源頼朝、義経の仲違いが起きたなどという設定はあまりに陳腐。もっと火の鳥を使うならもっと深い設定にしたほうがいい。
主人公の猟師のまきじと恋人のおぶうについても、もっとひねりがあってもいいのかも。結局は歴史上の人物になってしまっているだけである。COM版は実の妹であるおぶうと体も心も愛しあう関係だったと言うのもいいんだが、必然性がないので変更されたのかも。

最後の輪廻転生した清盛と義経が、猿の赤坊主と犬のとなり最初は友情があったが、最後は戦いになるのも宿命というところだが、最初はこの話も途中に挿入されていた。火の鳥は最後に、この輪廻転生を語るところにしか挿入されていない。

今回は火の鳥の役目は、仏と変わらず、死んだ清盛と義経に話して、輪廻転生を説くだけである。
時代的な観点としては、平氏、源氏も権力の追求ためには弱い村人たちを犠牲にするのはどの武士も変わらない。

手塚により何度も描き直されているんだが、やっぱりもともとの大きな設定に問題があると思う。まきじとおぶうの自分の運命を考えれば、最後はあの書き方しかないのだロウが、それは火の鳥と全く関係ないところである。清盛、義経もそうである。

Astro Boy ATOM 2009

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Astro Boy ATOM 2009

監督: デビッド・バワーズ
出演: フレディ・ハイモア, ニコラス・ケイジ

鉄腕アトムのアメリカ版3DCGである。ストーリー自体は現代的に変更があるが、とびおが死んで天馬博士がかわりにアトムを作るのはかわりない。
究極のエネルギー、ブルーコアとレッドコアのからみや、コーラなどの新しいキャラが作られているのがアメリカらしいストーリー展開である。

当時からアトムはおならと同じ意味なのでアストロボーイとアメリカで呼ばれたのとはこのまま。日本のタイトルのATOMとつけるのが仕方がないのかも。御茶ノ水博士が、ドクターエレファンというのは面白い。そうか鼻が大きいのでそう呼ばれたんだ。
ときどき手塚治虫らしいキャラが出てくるのもいいね。彼の漫画にもよくあった。
天馬博士の声がニコラス・ケイジなのはすぐわかったのだが、アトムの声がベーツホテルのフレディ・ハイモアだったり、コーラの声がヴェロニカ・マーズのクリステン・ベルだったのはわからなかった。

これがなぜ日本で受けなかったかの理由はいろいろ取り沙汰されていたが、鉄腕アトムは映画では見ないだろうな。テレビなら見るけど。それに、新しく鉄腕アトムを作ってもあの頃好きだった世代に受けるかどうか不明だ。テレビの鉄腕アトムはあっけらかんとした明るさがあるが、漫画はもっと暗い側面がいっぱいあった。そこが良かったと思うんだが。浦沢直樹のプルートウはそういうところを生かしていたような気がするんだが。

クレオパトラ 虫プロダクション 1970

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

クレオパトラ 虫プロダクション 1970

監督;山本暎一
音楽 冨田勲
出演: クレオパトラ - 中山千夏、シーザー - ハナ肇、アントニウス - なべおさみ、カバゴニス - 阿部進

大人向けのアニメシリーズ「アニメラマ」第2作。1963にハリウッドで作られたエリザベス・テイラー主演のクレオパトラや、シェークスピアを基に作られたエロティシズム、パロディそしてコメディが入ったアニメである。
サザエさん、カムイ、ひげゴジラ、バカボンのパパ、ねずみ男が突然登場したり、最初からSF仕立てでクレオパトラ作戦を解明するために、精神だけがクレオパトラの時代に送られるなど、手塚治虫がやり放題に作ったアニメ。
正直に言って、当時このアニメがどれほど受けたかわからないが、今では全く意味不明のキャラクターのオンパレードとなってしまった。ストーリーも面白みに欠け、だらだらと話が進む。どうしてこんなアニメになってしまったんだろうと考えてしまう。最後まで見るのに苦労したアニメである。

ただクレオパトラの声の中山千夏や、シーザー役のハナ肇の声は本当に懐かしい。

千夜一夜物語 虫プロ・アニメラマ 1969

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

千夜一夜物語 虫プロ・アニメラマ 1969

原案・製作総指揮:手塚治虫
監督:山本暎一
美術監督:やなせたかし
音楽:冨田勲
テーマ曲:アルディンのテーマ 演奏:ザ・ヘルプフル・ソウル

出演: 青島幸男, 岸田今日子, 芥川比呂志, 伊藤幸子

このアニメは何度も見たことがある。確かにスケベな所もあり、小学生の頃に見たときは意味不明なところもあった。それでもアラビアンナイトは魅力的な題材で、映画の中のいろいろな逸話が面白かった。

主にこのストーリーは、アリババと40人の盗賊、シンドバッドなどが組み合わせて作ってある。それに、空飛ぶ木馬、幽霊船、蛇の化身の女達が住む女ヶ島、宝物の比べがでてくる。

主人公のアルディンは、ジャンポール・ベルモントそっくりである。寺沢武一の漫画コブラの主人公もよく似ている。
アルディンのテーマは、プロローグとエンディングに出てくる。アルディンが砂漠の中を歩き続けるのだが、ぜんぜん進んでいるように思えないのはすこし笑いがでる。
魔人の夫婦がでてきて、ジニーがアルディンを好きになるのがよく理解できないんだが。ストーリとしては余分なようにも感じる。

父アルディンと娘ジャリスの関係があまり描かれていないところは残念。
アルディンが水売りから、バクダットの王になり、死刑になりかけて助かりまた水売りにもどる。エンディングのアルディンが元気にまた若さを取り戻して元気に歩いてく。彼の波瀾万丈の人生とバイタリティが素晴らしい。

音楽の担当は、冨田勲なんだ。知らなかった。この当時はまだ電子音楽ではない。リムスキー=コルサコフのシェへラザードをアルディンとミリアムのテーマにしている。ジャリスの時には流れない。僕はこのアニメが最初だったのかもしれないが、その後リムスキー=コルサコフのシェへラザード聞いて大好きになった。

声は、アルディンが青島幸男、ミリアム、ジャリスが岸田今日子。懐かしい声である。それにキャラクターに溶け込んでいる。

アニメーション全体の出来はまだまだ完成度が高くないが、やっぱり手塚治虫らしいキャラクターがいい。ただ、ミリアム、ジャリスの描き方はさすがにイスラム系の骨格の描き方でしっくり来ないと言うか、イスラム文化の絵画から出てきた女性と言う感じ。アスラーンもそうである。逆にマーディアは、手塚のキャラクターらしい。

哀しみのベラドンナ 1973 la sorcière Belladonna of Sadness

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

原作: ジュール・ミシュレ 監督: 山本暎一
出演: 長山藍子, 中山千夏, 高橋昌也, 米倉斉加年, 伊藤孝雄

当時中学生の時に見た気がする。劇場で手塚治虫作品だからと思って見た。確か年齢制限があった。すごくセックス表現が多く恥ずかしくなりながら見た覚えがある。ただ内容が総て理解できていたわけでないし、今回再度見直してもなにか僕が思っていたストーリとは少し違うような気がする。どこかに僕の記憶に混同があるようだ。

芸術性が高かったエロティックなアニメ。それも虫プロダクションが作った。
ジャンとジャンヌの14世紀の幸せなフランスの農家の結婚式から始まる。しかし、貧しい農夫のジャンは領主に貢ぎ物を捧げられなかった。その代償としてジャンヌは領主に処女を奪われ、さらに家来たちにも次々に陵辱される。

どちらかと言えば、セックスと悪魔が結びついている。映画の最後はいろいろ変更があったようだが、ジャンヌが火刑にあったことで民衆に独立の心が芽生えてフランス革命を起こすと言うのは安易すぎる。

悪魔がペニスを象徴するような人物で描かれている。全体のデザインは、クリムトが中心で途中シャガールを入れているなと感じた。芸術性の高さがこのアニメに言われるが、確かにその通りと思う。当時としては斬新な手法がたくさん使ってあった。ただ、静止画を横、縦に流す時に、細かく揺れてしまうのは残念。もう少し入念に作って欲しかった。

ベラドンナは、西欧で自制する多年草で、草全体に毒を持つが、根茎、根につよい毒性を持ち、硫酸アトロピンの原料でもある。イタリア語で美しい女性を意味するが、女性の瞳孔を散大させるための点眼薬の原料だったからである。

手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく 2011

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

監督: 森下孝三
声の出演: 堺雅人, 観世清和, 吉岡秀隆, 吉永小百合

子供の頃にこのブッダを読んでいたが、あまりに長期間にわたっていたのでどこかで中断してしまった。そう意味でもう一度手塚治虫のブッダを見たくなった。
残念ながら、アニメは手塚治虫タッチで描かれていない。アニメの作りもやや最近のアニメ映画ほどの完成度がないと言う印象。しかし内容、脚本はしっかりしており、原作の内容が伝わってくる。十分に楽しめるストーリである。
この映画は,3部作で作られる予定なので、その後の続編も楽しみだ。

人間昆虫記 2011

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

監督: 白石和彌, 高橋泉
出演: 美波, ARATA

"人間昆虫記"この題名をみて驚き、スケベな女性が描かれていて驚いた記憶がある。あの頃漫画を読んだ自分がどれだけ理解できていたかはわからない。また手塚治虫の漫画を読みたくなった。
美波が演じる十村十枝子の妖婉さが、うまく出ている。最初は、"イヴの総て"の漫画版かと思いながら見て行くと、どんどんストーリは展開して行きより大きな十村十枝子像が出来上がっていく。これが手塚治虫の才能だろう、すごい。この悪女が何故か人に愛される、そして愛さざる負えないのだ。こうした女性を描けるのも手塚治虫のすごさである。
芸術家とは一体何か? オリジナリティーとコピー。ただコピーと言っても少し変化を付ける。これが個性ではないとは言い切れないが、コピーされたものにとっては、その作品が評価されるのは屈辱である。これは芸術家にとってつきものだろう。だれも最初からオリジナルなものを作り上げる事はできない、有名な人のまねから始まり自分のものを作って行く。ここには芸術家としての手塚治虫の言いたい所でもあるんだろう。
手塚治虫が描く世紀の悪人は、バンパイヤの間久部緑郎(マクベスがモデル)だろう。それとこの十村十枝子は地味だが、彼女も女性版の世紀の悪人である。

2011年にはWOWOWにてテレビドラマ化された。

メトロポリス 2001 Metropolis

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

原作:手塚治虫
脚本:大友克洋
監督: りんたろう
出演: 井元由香, 小林桂, 岡田浩暉

まずは、アニメの出来、精緻さに驚く。素晴らしいできである。ティマTimaは、アトムの誕生にすごく近い設定なんだが、Timaは、Atomのアナグラムの中から考えられた名前なのか。
ストーリィは、ドイツ映画の金字塔のメトロポリスからヒントを得て作らている。ただ、この時は、支配層と労働層の対決が焦点で、そこにロポットが絡んでいた。この映画は、そこに手塚ワールドのロボットの権利なども含めていて、少々物語のフォーカスが弱い。
ティマの描き方は素晴らしい。ただ他のキャラクターとの描き方の違いも少し際立っている。最後の悲しい結末の中のティマの描き方はもう少し美しさも残した方がもっと良かった。
ただ、ヒゲオヤジ、ロックなどの懐かしいキャラクターがふんだんに出てきて、手塚ワールドのティストがあって本当にいいんだなー。
終盤の場面で使われるレイ・チャールズのI CAN'T STOP LOVING YOUも気が利いていていいんだな。
今回のメトロポリスは、ニューヨークを考えて作られている気がする。原作は、ベルリンだろう。僕には、なにか第三の男の舞台となったヴィーンのような雰囲気があって良かった。

どろろ 2007 Dororo

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

監督: 塩田明彦
出演: 柴咲コウ, 瑛太, 麻生久美子, 中村嘉葎雄, 原田美枝子

僕はこれは手塚治虫が描いた妖怪漫画として傑作だと思っている。水木しげるのゲゲの鬼太郎もいいのだが、日本の幽霊の様式美を受け継いだ描き方が随所にあり芸術の域に達していると感じていた。
この映画はいったいどの年齢層をターゲットにしたのだろう。説明過多の脚本で、漫画よりも幼稚になっているのはどうしたことか。それに漫画で描かれていたが妖怪達がいとも無惨に着ぐるみ妖怪になっている。今ならもっとCGで手塚漫画に忠実に描くことができたと思うのに。これでは手塚治虫がきっと泣いている。