タグ「市川雷蔵」が付けられているもの

陽気な殿様 1962

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

陽気な殿様陽気な殿様 1962

監督: 森一生
原作: 五味康祐
出演: 市川雷蔵, 坪内ミキ子, 高田美和

腕もたつが、人付き合いがよく庶民的で純真な若殿、榊原隼之介が大工の八五郎と鳶職の三次を伴って江戸から姫路に旅する。

男振りもよく腕前も抜群、さらに下世話にも通じた庶民的な若様、榊原隼之介が、江戸から浜松、さらに姫路へ向かう道中で巻き起す剣難女難の旅をコミカルな明るいタッチで楽しく描く雷蔵得意の明朗時代劇

明石藩の息女弥々姫を誘拐するのは、普通ならあってはならないことだと思われるのだが、もっと思慮深い展開が普通だが。でもここがこの話の要である。
宇津井健演じる松平長七郎も、どうな侍なんだろうと思うんだが。仇もちの浪人の伴角右衛門の味方をするのはどうかと思うんだが。
天知茂演じる挙手田多門が緊張感がもって現れるのだが、どうしてか最後にはあっけなくやられてしまう。なんとなく狂言回し的な役割で、ちょっと拍子抜け。
最後は全ての展開が榊原隼之介にうまく回る。ここも少し本当はひねりが欲しい。めでたしめでたしである。

全体はコメディタッチのストーリー展開。最後に剣の立会いがあるのだがおまけのような展開。

それなりに面白いんだが、もう一つ何かが欲しかった。

蛇姫様 1959

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

蛇姫様蛇姫様 1959

監督: 渡辺邦男
出演: 市川雷蔵, 瑳峨三智子, 近藤美恵子

この映画の設定や話の流れは少し無理があるかな。
まず料亭ひのき屋の息子千太郎が、剣術の免許皆伝、色男であり役者になり、最後に父と妹の仇の国家老を斬る。
しかしなぜ題名は蛇姫様なのか。確かにこの映画では、千太郎の妹おすがが黒い蛇になり琴姫の近くにいる。川口松太郎原作の蛇姫様では、この真っ黒なからす蛇が、琴姫を守り、最後は国家老佐伯左衛門が切腹して果てる時にからす蛇がいたのである。あれやっぱり千太郎が家老を斬ることはないよね。これは大映映画特有の演出だろう。最後の千太郎と琴姫がおどるのもファンサービスだろう。
ということで、ややこの映画のストーリーは、ちょっとおかしな設定がありすぎて、それも蛇姫の説明も少なく、全体的にはよくできてもいるが見ているものとしては不満が残る。

東宝の衣笠貞之助監督、長谷川一夫、山田五十鈴、原節子出演の蛇姫様が見たいね。

女狐風呂 1958

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

女狐風呂女狐風呂 1958

監督: 安田公義
出演: 市川雷蔵, 瑳峨三智子, 中村玉緒

この映画の題名は古めかしいが、内容は面白い。
神田お玉ケ池の目明し嘉兵衛の愛娘お光と婿養子の文吉が温泉宿に泊まっていると、事件が起きます。怪しげな温泉宿の客と、いわくありげな宿の主人と奥方、そして継母。最初は、お光が犯人探しに乗り出して解決したかと思われますが、実は別の真犯人がいます。そこで文吉の登場です。
文吉は、横溝正史の探偵もののようにこの事件の背景を探りに行き、事件の真相を突き止めます。
文吉とお光の関係は、今の世情と違って、お光の方がぞっこんで亭主関白のような若いカップルなのがフレッシュにも思えます。
登場人物はたくさんいますが、最後にほぐれていきすっきりとした筋立てです。
時代劇推理もので面白い娯楽映画です。

花くらべ狸道中1961

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

花くらべ狸道中花くらべ狸道中1961

監督: 田中徳三
出演: 市川雷蔵, 勝新太郎, 若尾文子, 中田康子

初春狸御殿よりも断然いい。初春狸御殿は若尾文子が中心、今回は市川雷蔵と勝新太郎の狸が化けて弥次喜多道中。
展開はわかりやすいし、踊りのシーンもそれなりに面白い。若い五月みどりが見れるのもいいね。踊りのシーンは付け足しだし、タヌキだからどんな格好してもいいだろう。
勝新太郎と中田康子が歌うシーンがあるが、やっぱり市川雷蔵と若尾文子は歌わない。
今回も色っぽいシーンがあり、当時がこれが楽しみで見に行った人も傷んだと納得。若尾文子の演技は硬いんだけどあれがいいんだよね。

大阪物語 1957

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

osakamonogatari.jpg大阪物語 1957

監督: 吉村公三郎
原作: 溝口健二, 井原西鶴,
出演: 中村鴈治郎, 市川雷蔵, 香川京子, 勝新太郎

この話は面白い。さすが浪速の商人である。これが井原西鶴の日本永大蔵が元になっているのもなるほどなるほどと納得してしまう。僕は花登筺の細うで繁盛記やどてらい男を見て育ったので、大阪の商売について理解してたつもりだけど、元祖は井原西鶴なんだと思えるほどの内容。
仁兵衛のケチぶりが面白いのだが。コメディではない、真面目なストーリーである。ただ最初の仁兵衛は、それほどケチではなく、貧しくて親子4人で首つる覚悟をして田舎から逃げてきたのだが。近江屋という店を持ってからは自分が一人で儲けたような態度になっている。そこが情けないのだが。ケチさはそれはそれでいいのだが、いつからケチになったのか全くわからず。確かに拾った米は売って、別の食事をしていたのはケチの証拠なんだが。
それにしても最後に仁兵衛は狂ってしまうのだが。それで終わってしまっている。おなつと忠三郎はどうなったのか、吉太郎がどうなったかはわからなかったが、公開当時には、吉太郎が熊の胃の薬を売って歩く、おなつと忠三郎は別れたように描かれている。見ているヴァージョンが違うんだろうか?

やっぱり、中村鴈治郎の演技が素晴らしい。これは市川雷蔵が番頭役で出ているが主演は中村鴈治郎である。
勝新太郎も初々しくていい。市之助の役がなんとも最初から似合っている。香川京子は確かに美しい。

ある殺し屋の鍵 1967

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

arukorosiyanokagi.jpgある殺し屋の鍵 1967

監督: 森一生
原作: 藤原審爾
出演: 市川雷蔵, 西村晃, 佐藤友美, 山形勲

ある殺し屋の第二作である。いつもは日本舞踊の師匠の新田は、裏の世界では凄腕の殺し屋である。必殺仕事人ばりの畳針を使って人を殺す殺し屋の話である。市川雷蔵は現代劇だとあまり目立たない、普通のサラリーマンのようである。
映画の題名であるが、なんとも不思議である。この訳は次第に分かってくるのだが、ちょっと悲しい。コインロッカーに大金を隠しておくとは。これだけ頭脳明晰な殺し屋がコインロッカーを使って鍵を首にかけているとは。
しかし今回の殺しは衆人監視の元でできると言っても、バレバレである。それに自分の正体がばれているのもちょっと設定が悪すぎる。
踊りの弟子であり、芸者である秀子が、殺人の依頼者や被害者と知り合いであるのはあまりにできすぎていてつまらない。それに、秀子を殺さない殺し屋も不思議だし。
最後の場面で、秀子がどこかに電話をかけているのだが、意味不明。おそらく、ロッカーに爆弾を仕掛けたと通報したのは秀子ではないかと思うのだが、そこは映画からではわからないし、伏線がなさすぎる。
懐かしい顔の出演者がいっぱい出ていてそこは楽しめた。

女と三悪人 1962

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

onnatosannakunin.jpg女と三悪人 1962

監督・脚本: 井上梅次
出演: 山本富士子, 市川雷蔵, 勝 新太郎, 大木 実, 中村玉緒,

まず映画の規模が最初から違う。本当に人が多いのである。オープンセットが大規模に作ってある。
ドロボウ横丁と呼ばれた両国の盛り場が、本当にリアルに人が賑わっているのである。
ストーリーが実に面白い。善人と呼ばれる人はほとんど出てこない。それでいて今を生きていて、未来を夢見る人達だ。フランス映画の天井桟敷の人々が下敷きらしい。でも天井桟敷の人人を見ているが、あまりストーリが似ていると思えなかった。
この映画は日本的にアレンジされていて、喜久之助に恋する男たち3人が、それなりに悪人であるのに、彼らはまた可愛いのである。特に勝新太郎の演じる竜運和尚は、あまり喜久之助と絡みがないのに、彼女と芳之助のために自首するのだから面白い。
それにしても、4人のメインの役者が素晴らしい。山本富士子, 市川雷蔵, 勝 新太郎, 大木 実は本当に味がある演技をしている。
一言で言うなら、天井桟敷の人々と三人吉三を要素としてフィルム・ノワール的なストーリー展開であり、市川雷蔵,の弁天小僧そして山本富士子の娘道成寺を入れてうまい娯楽映画に仕上がっている。最後に3人が逃げる展開がまた面白い。退廃と混乱の世の中で強い生命力を感じさせる。

濡れ髪喧嘩旅 1960

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

nuregamikennka.jpg濡れ髪喧嘩旅 1960

監督: 森 一生
出演: 市川雷蔵, 川崎敬三, 浦路洋子, 真城千都世, 山田五十鈴,

これは懐かしい川崎敬三が出ている。彼はなよなよした二枚目武士であるが、剣術、賭け事はからっきしで、女性は誰にでも声をかける。すごく現代的なサラリーマン的武士を演じていて面白い。逆に市川雷蔵は、ヤクザの伝次を演じて、幼くして別れた妹のためにお金を貯めるちゃっかりしたヤクザである。
この二人の凸凹珍道中がなかなか面白い。なぜかそこに同時人気のあったスリー・キャッツを加えて映画に花を咲かせている。これは全く時代考証無視であるが、え、この歌は知っている。あの黄色いサクランボである。若い娘はお色気ありそうでウッフンなんて、どうして子供の頃に覚えたんだろう。それに僕が知っている年代はもっと経ってからなんだが。
川崎敬三役の遠山金八郎は、女に目がないが、意外と面食いなのが笑える。市川雷蔵はやっぱりいい役なので少し泣かせるところもあるし、最後に貯めた300両を妹の友達の身受け代に支払うところがあってキップがいいんだが、最後はやっぱりちゃっかりしている。それにしても、最後も二人の珍道中的な感じで終わるところはまたそれはそれで楽しい。

花の白虎隊 1954

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

hananobyakkotai.jpg花の白虎隊 1954

監督: 田坂勝彦
出演: 市川雷蔵, 勝新太郎, 花柳武始

市川雷蔵22歳の時の映画デビュー作品である。勝新太郎も出演している。白虎隊は、会津藩の16-17歳の若き武士で組織された隊であり、名自身政府の軍により会津藩は壊滅的な打撃をうけて、飯盛山にたどり着いた20人の隊士が自刃した。
この逸話から作られてた映画で悲劇的な若者の青春像を描いている。
確かに若々しい市川雷蔵や勝新太郎が見られるのがいい。映画の出来は普通である。ただ、白虎隊ってなんだったけというような思い出見た映画でもある。子供の頃に古い漫画の挿絵で白虎隊を描いたものがあったが、はっきりとしたストーリーを覚えていなかったので、そう意味では役に立った作品である。ただ、この作品は、なんか特攻隊とかぶる話である。この逸話が戦意高揚的に使われたのではないかと思うと悲しい。

好色一代男 1961

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

kosyokuichidai.jpg好色一代男1961

監督: 増村保造
出演: 市川雷蔵, 若尾文子, 中村玉緒, 船越英二

江戸時代の浮世草子の作家として有名な井原西鶴の処女作である。実際内容は当時の好色な風俗を描いているのだが、好色一代男は、歯切れがよく人情の機微を描きストーリー展開が面白く結末も巧みなところである。
この映画は、但馬屋の伜、世之介が成人してから、好色丸で女護島に旅に出るところで終わっているので、8巻8冊の長編である好色一代男をダイジェストに描いた作品である。その点が、ややめまぐるしくストーリーに締まりがないのだが、世之介の行き方はよく描けている。出演は、若尾文子, 中村玉緒、水谷良重など大映のおなじみの女優軍を市川雷蔵が相手をして、脇を船越英二、中村鴈治郎が固めてしっかりした俳優陣で構成されている。

女はかわいい。大事にせんとあかんと、女のためならお金は厭わないし、命もかけるところがいい。まさに色男の見本であり、粋な生き方と言って良いのだろう。

この映画は、井原西鶴の入門編てきにこの映画をみて好色一代男に興味を持ったら小説を読んでみたいと思わせるところがいいか。
実際にはたはふれし女三千七百四十二人。少年のもてあそび七百二十五人」と作品中で書かれているので、女性だけではなく男性との遍歴も描かれているのである。

殺陣師段平 1962

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

tateshidanpei.jpg殺陣師段平 1962

監督: 瑞穂春海
脚本:黒澤明
原作:長谷川幸延

出演: 市川雷蔵, 中村鴈治郎, 高田美和, 田中絹代, 山茶花究

殺陣師段平 のリメイクである。黒澤明が脚本を書いたのは、1950年のマキノ雅弘監督で作られている。実際は、初期の新国劇の頭取であり殺陣師であった実在の人物、市川段平の人生をモチーフに長谷川幸延が戯曲を書き下ろし、1949年(昭和24年)3月に新国劇自身が初演を行った。

この映画は、大映が制作、段平に中村鴈治郎、、澤田正二郎に市川雷蔵を当てて作ったものである。
中村鴈治郎の段平は、まさに当を得た配役で面白みがあり、悲しげで、ペーソスに溢れた演技である。市川雷蔵は、澤田正二郎をスマートで冷静な男として演じてる。
この話の最後は、段平が脳卒中で倒れても、殺陣を忘れず澤田に国定忠治が卒中で倒れた後にお上に捕まる場面を自分が病気をしたまま殺陣を伝えるところであり、おきくが本当は自分の子であることは、段平も知っていたが、おきくも二人とも父、娘とは名乗れず死んでいくところであろう。

いい映画である。今回は中村鴈治郎の演技に見入ってしまう。そしていい話である。

新国劇が行った演目は月形半平太、国定忠治、大菩薩峠など、なるほど時代劇の有名な題名である。これを段平が、澤田の意向に従って歌舞伎のような演技ではなくリアルな剣戟ものに変えたのである。
段平は、月形龍之介、森繁久彌、藤岡琢也が演じている。
ちなみに、あしたのジョーの丹下段平は、この段平にイメージからとったと思える。

陸軍中野学校 開戦前夜 1968

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

陸軍中野学校 開戦前夜 1968
監督: 井上昭
出演: 市川雷蔵, 小山明子, 浜田ゆう子, 船越英二, 細川俊之

僕は戦争もの特に日本の戦争を肯定しているような映画はあまり好きでないが、これは、市川雷蔵,が出演して、陸軍中野学校シリーズの中でも出来がいいとの評判で見たもの。陸軍中野学校のシリーズとして五作目。

日本軍の開戦日時、場所などを把握する情報戦が描かれている。
このシリーズを見ていると、何かゴルゴサーティンの原型のようなものを感じる。主人公の椎名二郎は、二枚目でクールで女にモテる。でも任務が一番で、敵の女スパイに気があっても容赦なく殺してしまう。ここが受けるんだろうな。
今回は、なんとなく自分もテレビでよく見ていた俳優陣である。細川俊之、小山明子が若々しい。舞台は香港、東京。一ノ瀬秋子がどうしてすぐに椎名二郎に惚れてしまうのかわからない。自白されそうになり、ふらふらになりながら椎名が秋子の名前を呼ぶのもわからないが。
横浜セント・ヨゼフ病院の謎が面白いし、アメリカに暗号通信を送っているのに、病院の電源を落とせないところが少しヒューマンなところがあっていい。

スパイに使う、小型カメラ、盗聴器、通信機器、自白剤など当時は最新兵器と思われるものがふんだんに出てきて面白い。そして軍御用達の黒い車はベンツである。
実際には、椎名二郎のクールさが売りなんだが、スパイ戦のどんでん返しもあるが、何かそれ以外にヒューマンなところが今回はない。一人ひとりを描くのは、上映時間の制限から無理なのだろうが。

新鞍馬天狗 1965

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

新鞍馬天狗 1965

監督: 安田公義
出演: 市川雷蔵, 中村玉緒, 藤巻 潤, 中村竹弥

鞍馬天狗で有名な俳優は嵐寛寿郎であるが、大映が市川雷蔵を主演で新鞍馬天狗を作った。白馬に乗って、覆面で、拳銃までの持っている剣士である。なんだか、時代劇で西部劇がミックスしたような設定だ。
今回は、鞍馬天狗が、新撰組を何人も倒していくんだが、右手に拳銃を持って、左手で剣をふり目まぐるしい殺陣である。それほどお粗末にも感じないし、最後の中村竹弥演じる近藤勇との対決もなかなかだった、

中村玉緒演じるおとよと、倉田典膳こと鞍馬天狗との関係は、弟の仇でありながら、すこし男女の関係が深くて眠狂四郎的で、僕には面白かった。

若い時の中村敦夫がでていて、なんだか新鮮だった。
杉作役は、どこかで見たと思ったけどマグマ大使のガム役を演じた二宮秀樹だ。ただ懐かしい。

鞍馬天狗は、大佛次郎の原作で、1924年から1965年まで長編、短編などが書かれた。幕末に桂小五郎たちの勤王の志士を助ける、鞍馬天狗と名乗る覆面の武士が活躍する。普段は倉田典膳と名乗っている。白馬に乗り、角兵衛獅の杉作を引き連れている。そして手下に元盗賊の黒姫の吉兵衛がいる。
鞍馬天狗は、角兵衛獅の編で、身長五尺五寸ぐらい。中肉にして白皙(はくせき=色白)、鼻筋とおり、目もと清(すず)し。と描かれている。五尺五寸は今で言うと167cmくらいでそれほど背が高いわけではない。

華岡青洲の妻 1967

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

華岡青洲の妻 1967

監督: 増村保造
原作: 有吉佐和子
出演: 市川雷蔵, 若尾文子, 高峰秀子, 渡辺美佐子, 伊藤雄之助,

この話はかなり有名で何度もテレビ化もされている。ただあまりストーリーとしては記憶に残っていない。それにこの映画の存在はあまり知らなかった。

この原作の良さは、加恵が姑の於継を理想の女性、妻だと慕って華岡家に嫁いだ後、雲平の帰還後に、於継の加恵に対する強い嫉妬を感じ、二人の関係が嫁と姑の争いに変わっていくところである。そして医師雲平を愛する母と妻の戦いは、自分の命をかけて全身麻酔の実験台に進んで申し出るほどの壮絶な妻と姑の戦いになって行く。

映画は、妻と姑との緊迫感が二人の女性の美しさを背景に素晴らしい緊張感で描かれている。とくに若尾文子の凛とした妻の姿が素晴らしい。
失明しながらも加恵は妻としての義務を果たす。姑の於継は、それを知って自分がわざわざお嫁にと願ったのに、こんな体にしてしまってさめざめと泣くのであるが、それは自分が嫁、姑争いに負けたからであるのが、見ているものにもわかるところが、この映画のすごさでもある。
そしてこの映画は、若尾文子と高峰秀子の素晴らしい演技によって、生き生きとその戦いが描かれている。また冷静にその間にたつ雲平、華岡青洲を演じた市川雷蔵も素晴らしい。
市川雷蔵の演技も光っている。真面目で誠実な医師であり、妻に対する愛情も、母に対する愛情にも溢れた家庭人を演じている。

有吉佐和子の素晴らしいストーリーテラーである。昔の時代なら、家長の望み、夢をかなえるために、家のものが全て協力するのが当たり前だった。おそらく、嫁、姑、妹たちも喜んで人体実験を申し出たと思われる。人体実験を申し出て、盲目となった妻の美談を、裏には嫁と姑の争いを軸に、夫の愛情を奪いあう動機があった思わせるところが現代的である。
また死んでいく清州の妹小陸に嫁がなくて幸せだったと言わせる。なぜなら、加恵と母の嫁姑の戦いを見て、苦労している加恵を見て嫁ぐよりここで暮らしていたのが幸せだったと言わせ、そして二人の関係を知りながら利用しているかのような兄、雲平を批判する。これは、この映画や小説を熱心に読んた嫁、姑の人達に素晴らしいカタルシスを与えるところも作者としての面目躍如だろう。


映画の中で取り上げられたチョウセンアサガオは、トロパンアルカロイドであり、ベラドンナと同じようにアトロピンを含んでいるため副交感神経を麻痺させる。経口後30分程度で口渇が発現し,体のふらつき、幻覚、妄想、悪寒など覚醒剤と似た症状が現れる。

青洲が完成させた全身麻酔薬、通仙散(別名、麻沸散-まふつさん)の配合は、曼陀羅華(まんだらげ)の実(チョウセンアサガオ)八分、草烏頭(そううず、トリカブト)二分、白芷(びゃくし)二分、当帰二分、川芎(せんきゅう)二分であった。これらを細かく砕き、煎じて滓を除いたものを暖かいうちに飲むと、2〜4時間で効果が現れた。加恵が盲目になった原因は、トリカブトの配合だろうか?
他にも彼の考案した処方で現在も使われているものに十味敗毒湯、中黄膏、紫雲膏などがある。

雪之丞変化 1963

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

雪之丞変化 1963

原作: 三上於菟吉
監督: 市川崑
出演: 長谷川一夫, 山本富士子, 若尾文子, 市川雷蔵, 勝新太郎, 船越英二,

冤罪で父親を自殺に追い込まれた雪之丞の復讐劇である。
三上於菟吉がジョンストン・マッカレーの双生児の復讐を下敷きに、歌舞伎白浪五人男の弁天小僧や三人吉三のお嬢吉三などからヒントを得て翻案したもの。

雪之丞変化の題名は非常に有名で子供の頃から知っていたが内容は覚えていなかった。それでこの映画を見たのだが。僕が見たのは大川橋蔵だったか?

確かに、中村雪之丞は闇太郎うりふたつであり、一人二役でやっている。ただ双子であったわけはないが、お互いに惹かれるものがあるという設定なのか。ただ面白さはあるが、二人の繋がりに、感情的、運命的な深さを感じない。復讐の展開はそれなりに面白いんだが、雪之丞と浪路の関係性の深さは描かれていない。復讐劇も実は現代劇をした時期にしているせいか、時代劇的な派手な展開ではない。それに親の仇を討つことへの罪悪感は日本の時代劇ではあまり描かれていないのですこしギャップを感じてしまう。

長谷川一夫は、男顔で女装をするには無理があるんだが。それにかなり年を取ってからだし。でも声の使い方、歌舞伎での踊りはさすがと思ってしまう。
これは長谷川一夫300本記念映画だから仕方がないが。実際には最初の雪之丞変化の映画も長谷川一夫が出演でこの映画の30年前に作られている。その頃の長谷川一夫を見たほうがよかっただろうが。

市川崑監督の映像美がいい。フルスクリーンを使った横幅のある画、光と影をつかった人物描写、迫力のあるカットが素晴らしい。一つ一つの映像が芸術であり、力強いメッセージを持っている。
脚本の和田夏十は、市川崑夫人である。

山本富士子は、べらんめ調が強すぎるが、おしとやか雰囲気よりこっちのほうが僕としては好みだ。若尾文子は本当に綺麗だが、若尾文子らしい若尾文子である。

市川雷蔵, 勝新太郎 の二人が出ているのだが、本筋とはほんとんど関係ない。ただ、市川雷蔵の昼太郎に次は俺の時代が来ると言わせるのはシャレだろう。

遊太郎巷談 1959

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

遊太郎巷談 1959

監督: 田坂勝彦
出演: 市川雷蔵, 浦路洋子, 金田一敦子, 岸正子, 阿井美千子

殺陣がそれほどうまくないので、やや緊張感には欠けるが、ところどころ無理な展開もあるが、全体のストーリーは面白い。つう姫が大きな仏像の前で踊ったり、その後遊太郎が仏像の前で戦ったりするのはスクリーン的にも迫力があるし非常に面白い。これはやっぱり眠狂四郎的なところが多いからだろう。
時代劇的に、高貴な身に生まれたが一介の浪人として飄々と市井に日を送る美剣士であり、小太刀の秘法霞斬りの名手という設定もいい。ただ市川雷蔵の殺陣がしっくりきていないのは残念。

柴田錬三郎は、眠狂四郎も書いていて、それと同時期に遊太郎巷談が書かれている。当然この話に眠狂四郎的なところがないはずがないのである。これはもっとお色気があったら、いい映画になったのに。つう姫役の 金田一敦子は、かなりエロチシズムを感じさせる女優だと感心。

幕府転覆の陰謀はそれなりに面白いのだが、少し荒唐無稽だし、つう姫を利用するきっかけもやや映画の展開として無理があるのだが。もう少し脚本を練ってもらったほうがよかった。

最後の平手造酒との戦いも中途半端である。平手造酒は幕末の剣客であるが、飯岡助五郎との大利根河原の決闘に笹川方の助っ人として参加して死んでいるのでここでは、死ぬことはできないのだが、なぜ平手造酒をこのストーリーに出さなくてはならなかったのが不明。

それにしても、眠狂四郎的な設定でもう少し練りあげればかなり良いシリーズものになったかも。

影を斬る 1963

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

影を斬る 1963

監督: 池広一夫
出演: 市川雷蔵、瑳峨三智子、坪内ミキ子

天国と地獄の小国英雄のオリジナル・シナリオを書いた。
のどかで遊び好きの若侍、井伊直人のところに、武芸に秀でた城代家老の娘、定が嫁いでくる。婚礼の晩に、直人に試合を申し込み、直人を定は叩きのめす。
遊び好きでダメな侍を、献身的な妻が心を改めさせる。そうしたコメディタッチの時代劇である。影を斬るとは、全く秘剣でもなく、自分の影を斬って、自己反省する?自分の殻から抜け出すという意味で使われている。
なんだか、中途半端な話で最後まで何かモヤモヤである。

嵯峨三智子(定・君竜)は、山田五十鈴の娘だそうだが、あまり似ていない気がする。それに僕の好みの顔立ちでもない。なんだか、化粧によって鼻のラインだけが強調されている。

喧嘩鴛鴦 1956

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

喧嘩鴛鴦 1956

監督: 田坂勝彦
出演: 市川雷蔵, 瑳峨三智子, 阿井美千子, 大河内傳次郎

市川雷蔵のデビュー三年目の作品だが、もう女性からは非常に人気が上がってきた時のものだろう。モテモテぶりがすごい。

最初の橋の三条大橋でのぶら下がり、旅籠屋の二階からぶらさがる、女風呂へ落ちて天井からぶらさがるのもおけい(阿井美千子)がいる。これが、園姫だったら恋に落ちたはずなのだが、どうしてかそういう設定にしていない。

腰元浪路と園姫がどうして追われているかは、設定は最初に語られているが、その後はあまり語られず、最後の結末もその展開とは関係ない敵討ちになってしまう。一場面一場面は楽しい設定になっているが、最後までのストーリーのつながりの一貫性が少ないのが残念。

新八郎が旅する途中に、京都所司代の刺客たちとの戦いを交えて女性に惚れられるのだが、そこがコメディタッチで、うまい展開である。最後の場面で新八郎は、ばったばったと敵を斬っていくのだが、そこはそれまでのコメディとは違う。敵はみんな途中で切ってしまえば良いのだが、それではコメディタッチが薄れると思ったのだろう、最後の部分が全く違うタッチで描かれているのは、両方の魅力を出そうとした仕掛けだろう。

この映画の懐かしさは、ミヤコ蝶々がまだ若いのである。いつもおどけた調子だが、これはゲスト出演なのだろうか、映画と関係のない南都雄二とのコントの部分が多い。大河内伝次郎が出ている映画を見る機会は少ないのだが、頭天堂がそうだったかとやっと気がついた。

濡れ髪牡丹1961

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

濡れ髪牡丹1961

監督: 田中徳三
出演: 市川雷蔵, 京マチ子, 小林勝彦, 小桜純子

丸顔で、ややふっくらした京マチ子は僕の好みではないが、この映画は、京マチ子の良さがいっぱい出ている。婿選はどこかかぐや姫的でもあるが、こうした設定は昔はいっぱいあったような氣がする。瓢太郎とにょろ松(大辻司郎)コンビも軽妙で楽しい。博打に関してはこうした、時代劇のコメディは、めっぽう強いか、弱いかどちらかである。今回は弱いタイプ。
飄々とした、なんでもできるスパーマン的な瓢太郎には全く人間味がない、そこが残念。それとおもんと瓢太郎が恋に落ちた瞬間がないのが残念。
夜になると鍵をかけて寝ているので僕は千手観音の化身かと思っていた。ただ、夜に何をしているかのオチは、なんだ自分の不得意な勉強をしていたのかと、ややこんなオチかと思ってしまった。最後におもんと一緒になった瓢太郎との生活も、どうしてこうなるんだろう。でも作られた映画の世相を反映しているようだ。

時代劇コメディとしてはよくできているし、主演の二人市川雷蔵, 京マチ子がいれば楽しめることは確実という映画。

安珍と清姫 1960

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

安珍と清姫 1960

監督: 島耕二
出演: 市川雷蔵, 若尾文子, 浦路洋子, 毛利郁子

熊野に参詣にきた美形の僧と真砂の庄司清次の娘、清姫との悲恋の話である。
昔に見た映画であるが、最後はもっと怖いものだと思っていたが、今見たらあまり大したことがない。それに、安珍は死んでしまうと思いこんでいたが、そうではない結末だった。

この話は、説話として古く平安時代の大日本国法華験記に抱えているが、本当は、恋情に狂った若い女性と、新人深い美形の僧の話であり、川に飛び込んで大蛇になった清姫が安珍を追い同情時にやってくる。安珍は、梵鐘の中に逃げるが、大蛇はその鐘に巻きつき安珍は焼き殺されてしまう。という話である。

市川雷蔵は、最初はバッサリと髪の毛を切ってどこかのおじさんみたいだが、やっぱり美男子で、美形の僧にぴったりである。若尾文子の艶っぽい美しさがよく出ている。

映画の内容は、勝気な女性が、自分に目もくれない坊主の安珍に迫る。そして安珍を虜にしてしまうんだが、実は自分も安珍を忘れられなくなっていた。そして日高川に飛び込み大蛇に返信する。大蛇は梵鐘に巻きつくのだが、いつしか消えてしまい、安珍は助かる。安珍は、仏教の教えに背き清姫を探し、川岸で息絶えている清姫を見つける。そして一生清姫の亡骸をともらうことを決心する。

展開はやや最初ゆっくりで飽きてしまうところもあるが、若尾文子の美しさが光っているシーンがあるので、興味が繋がっていく。特に安珍との入浴シーンや、安珍に抱かれるシーンはいいね。

伝説の内容からすれば、本当に女性は怖いと思った話の一つだが。本当ならもっと、恋に狂った女性がどんどんと迫り、安珍が誘惑に負けて後悔し、仏門に帰依しようとするのだが、最後に清姫と安珍が一緒に死んでいく話の方が僕としてはすっきりしたかも。

道成寺は、和歌山県日高郡日高川町にある天台宗の寺院。日高川がその地名からもお寺の近くを流れている。

能の道成寺や歌舞伎の娘道成寺は、安珍・清姫伝説の後日譚である。白拍子が紀州道成寺の鐘供養の場に訪れる。舞を舞うのだが、実は清姫の化身であり鐘の中から大蛇の姿になって現れる展開である。